エーラー・システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーラー・システムのクラリネット 2 本: B♭管のクラリネット(左)、A 管のクラリネット(右、マウスピースなし)。

エーラー・システムは、オスカール・エーラーによって開発されたクラリネットのキーの仕掛けである。ミュラー・システムen:Müller system)のクラリネットを基礎として、イントネーション(音程)と音響上の欠陥(特にフォークの指使いをする音:B♭とF)とを補正するために音孔を追加した。エーラー・システムにはベーム・システムよりも多くのキーがあり、主な成果は特許の C♯、低い E - F の補正、フォークの指使いの F / B♭の補正、そしてフォークの指使いの B♭の補正である。主にドイツオーストリアで使用されている。

エーラー・システムのクラリネット製作者たち[編集]

オスカール・エーラーには 3 人の弟子がいた。フリードリヒ・アルトゥール・ユーベル(Friedrich Arthur Uebel)、ルートヴィヒ・ウァルシェウスキー(Ludwig Warschewski)、カール=フリードリヒ・トート(Karl-Friedrich Todt)である。ユーベルとトートは伝説的になるほど有名なドイツのクラリネット製作者である。ウァルシェウスキーはストックホルムに移住してストックホルム・フィルハーモニックソロ・クラリネット奏者になった。ウァルシェウスキーは半仕上げのユーベルのクラリネットを買い、ボアと機械学とに取り組んだ。ウァルシェウスキーのクラリネットは、たとえばディーター・クレッカーen:Dieter Klöcker)のような有名なクラリネット奏者たちに使用された。ユーベルのクラリネットは、カール・ライスターベルリン・フィルハーモニックに初めて参加した時に、ライスターに使用された。後にライスターはヴァーリッツァ(Herbert Wurlitzer Clarinets)のクラリネットに乗り換えた。1970年代以前に製作されたヴァーリッツァのクラリネットは、より大きなボアによってよりよいイントネーションが得られると同時に、ユーベルのクラリネットのように非常によい音がした。1970年代の後、ヴァーリッツァはクラリネットの設計にいくつかの改良を施した。ヴァーリッツァのクラリネットは今や大多数のドイツのオーケストラで使用されている。それらのクラリネットは非常に値が張るが、ヴァーリッツァの見習いの何人かは、同様のクラリネットを安く製作している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]