エーモス・ソーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーモス・クラウディウス・ソーヤー
Dr. Amos Claudius Sawyer

リベリアの旗 リベリア
暫定大統領
任期 1990年11月22日1994年3月7日

出生 1945年

エーモス・クラウディウス・ソーヤー英語: Dr. Amos Claudius Sawyer1945年 - )は、リベリア共和国政治家アメリコ・ライベリアン1990年から1994年まで同国の国民統合暫定政府の首班を務めた。

ソーヤーは1945年にアベル・ソーヤーとサラ・ソーヤーの間に生まれた。ソーヤー家は著名なアメリコ・ライベリアンの家であった。リベリア人民党(LPP)に加わった。

1990年9月9日サミュエル・ドウ大統領が誘拐される(後にプリンス・ジョンソンによって処刑された)と、11月22日までの間に首謀者のプリンス・ジョンソンと共謀者のチャールズ・テーラーがともに大統領職を狙った。一方、その直前の8月後半からガンビアの首都バンジュールで行われていた緊急会議で、リベリアの7つの政党と11の利益団体から代表された35人の代表団で行われた投票により、ソーヤーが暫定大統領に選出され、ローランド・ディグス主教が副大統領に選ばれた。当初1年間であった任期は、ジョンソンやテーラー、デビッド・ニムレイといった反対する勢力との戦いによる内戦により、結局4年間にまで延びてしまった。1994年、暫定国家評議会の議長からリベリアの首班の役を解かれた。内戦は1996年に再び始まり、テーラーが大統領職にあった1997年から2003年まで続けられた。

ソーヤーは、ノースウェスタン大学政治学博士を取得している。また、アメリカインディアナ州ブルーミントンにあるインディアナ大学ブルーミントン校政治学科において、政治理論と政策分析のワークショップの研究員を務めている。さらに、リベリアのガバナンス改革委員会(現在はガバナンス委員会)の議長も務めている。2005年春には、「Beyond plunder : toward democratic governance in Liberia」という著書を出している。2005年10月に行われたリベリアの大統領選挙では、エレン・ジョンソン・サーリーフを支持した。

先代:
サミュエル・ドウ
リベリアの大統領
1990年 - 1994年
(暫定)
次代:
デヴィッド・ポーマポー
(暫定)