エーミール・ツッカーカンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーミール・ツッカーカンドル

エーミール・ツッカーカンドルEmil Zuckerkandl, 1849年9月18日 ジェール - 1910年5月28日 ウィーン)はハンガリー出身のオーストリア解剖学者、医師。1882年からグラーツ大学、1888年からウィーン大学で解剖学の教授を務めた。

ツッカーカンドル(ツッケルカンドル)の名を冠した静脈咽頭扁桃腺大脳回転や後腹膜外クローム嗜好性小体などがあり、これが解剖学上の諸発見である。

外部リンク[編集]