エーベルハルト・エイムラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーベルハルト・エイムラー(Eberhard Eimler、1930年11月30日-)はドイツ空軍の軍人。最終階級はドイツ連邦軍大将。

来歴[編集]

最終的にドイツ国防軍少将まで昇進したロベルト・エイムラーの息子としてウルムに生まれる。中等教育を終えた後、電気技師となり、シュゥットガルト大学で工学を学んだ。

1956年5月に、再軍備に伴い新設されたドイツ連邦軍空軍に入営。パイロット訓練を受けた後、中尉となり飛行教官を務める。1961年連邦軍指揮幕僚大学校を主席で卒業、直後に少佐に昇進。1966年には第3代空軍総監となったヨハネス・シュタインホフの副官を務める。

1976年准将に昇進後、1977年7月には少将として第二空軍師団長に就任、1980年には中将に昇進し、NATO組織下のAllied Air Forces Central Europeの副司令官に就任。1983年にはフリードリヒ・オブレサーの後任として連邦軍空軍最高位の空軍総監に就任したが、エイムラーはドイツ国防軍の所属経験が無い初の空軍総監であった。離任後の1987年には欧州連合軍副最高司令官に昇進、それに伴い大将となった。ドイツ再統一直前の1990年9月に退役。ドイツ連邦共和国功労勲章を受賞した。

外部リンク[編集]


軍職
先代:
フリードリヒ・オブレザー
第7代空軍総監
1983年4月1日 - 1987年9月30日
次代:
ホルスト・ユングクルト