エヴゲニー・チェルトフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エヴゲニー・チェルトフスキーЕвгений Чертовскийラテン翻字例:Yevgeny Chertovsky, 1902年2月15日 - ?)はソヴィエト連邦の発明家。1931年、レニングラートにて、世界初の完全な与圧服宇宙服)を作り上げた。

航空医療研究所の技術者であった彼は、ソ連初期の成層圏気球計画に参加し、失敗に終わることとなる観測気球「オソアヴィアヒム 1」(Осоавиахим-1, Osoaviakhim-1) の設計に関わった。チェルトフスキーの与圧服を来た乗員を飛ばすべく最初に製作された巨大気球USSR-3(容積30万m3)は、1935年9月に発射台の上で全焼した[1]

CH-1は単純でタイトな、ヘルメット付き与圧服だった。関節部には特に何も工夫がされていなかったため、与圧時には手足を動かすのにかなりの力が必要であった。これは1932年から35年のCH-2以降では改良された(改良は1940年のCH-7まで続いた)[2]。CH-3は最初の実用的な与圧服で、パイロットが自由に動ける設計であった。1937年に高度12kmの飛行で試験された。[3]

チェルトフスキーは、ロシア語で「宇宙服」「潜水服」を意味する語「スカファンドル」(Скафандр, Skafandr)の考案者でもある。彼はギリシア語の "skaf"(船)と"andros"(人)の2語を組み合わせてこの語を造語したのである。

出典[編集]

  1. ^ Druzhinin
  2. ^ Abramov, p. 5
  3. ^ Alekseev, pp.3–6

参考資料[編集]

外部リンク[編集]