エンプティ・セラ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンプティ・セラ症候群
分類及び外部参照情報
Empty sella MRI.png
ICD-9 253.8
DiseasesDB 31523
MedlinePlus 000349
MeSH D004652
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示
MRI (T2強調画像)でのエンプティ・セラ症候群

エンプティ・セラ症候群(-しょうこうぐん、: Empty sella syndrome)とはクモ膜下腔トルコ鞍内に嵌入し、トルコ鞍が脳脊髄液で満たされる病気のこと[1]

トルコ鞍が空虚でMRIなどで鞍内が髄液で満たされることにより診断される[2]。原発性と続発性があり、原発性は中年女性に多く視力障害、頭痛、内分泌症状を、続発性では下垂体手術や放射線療法後に起こる[2]

無症状のことが多いが、術後短期間で視力障害が再発するような例では開頭術を行う[2]

脚注[編集]

  1. ^ 森川昭廣 『標準小児科学第7版』、2009年
  2. ^ a b c 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294

関連項目[編集]