エンピツビャクシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンピツビャクシン
Juniperus virginiana1.jpg
エンピツビャクシン
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: ヒノキ科 Cupressaceae
: ビャクシン属 Juniperus
: エンピツビャクシン J. virginiana
学名
Juniperus virginiana L.
シノニム

Sabina virginiana[2]

和名
エンピツビャクシン(鉛筆柏槇)
英名
pencil cedar

エンピツビャクシン(鉛筆柏槇、学名Juniperus virginiana)は、ヒノキ科ビャクシン属針葉樹

特徴[編集]

成型と幼型の二通りのが普通に見られるである。北アメリカ東部に分布し、森林内および岩石地斜面に生育する。英名では pencil cedar と言うが、eastern cedar、red cedar とも呼ばれる。公園樹、庭園樹、庭木として植えられ、木材は装飾材や鉛筆材料として用いられる。

代表的な栽培品種[編集]

  • 'Burkii' バーキー
  • 'Grey Owl' グレイオウル
  • 'Nova' ノヴァ
  • 'Pendua' ペンデュラ
  • 'Reptans' レプタンス
  • 'Silver Spreader' シルヴァースプレッダー

脚注[編集]