エンドレス・ワイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンドレス・ワイヤー
ザ・フースタジオ・アルバム
リリース 2006年10月30日
録音 2002年秋 - 2006年夏[1]
ジャンル ロック
時間 58分59秒
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース ピート・タウンゼント
ボブ・プリデン、ビリー・ニコルズ(ボーカル・プロダクション)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(アメリカ)
  • 9位(イギリス)[2]
  • 23位(ノルウェー)[3]
  • 28位(オーストリア)[4]
  • 29位(日本)[5]
  • 34位(ドイツ)[6]
  • 51位(スイス)[7]
  • 57位(スペイン)[8]
  • 62位(フランス)[9]
  • 77位(オランダ)[10]
ザ・フー 年表
Live from Toronto
(2006年)
エンドレス・ワイヤー
(2006年)
View from a Backstage Pass
(2007年)
テンプレートを表示

エンドレス・ワイヤー』(Endless Wire)は、ザ・フー2006年に発表したアルバム。再結成後としては初のスタジオ・アルバムで、『イッツ・ハード』以来24年ぶりの新作アルバムとして発表された。

解説[編集]

仮タイトルは『WHO 2』だったという[11]。レコーディング当時、レギュラー・ドラマーのザック・スターキーは、ザ・フーと掛け持ちで参加していたオアシスのツアーで多忙だったため、本作では1曲のみの参加となり、大半の楽曲ではピーター・ハンティントンがドラムを叩いた。

アルバムの後半には、ピート・タウンゼントの小説『The Boy Who Heard Music』のストーリーを元にしたロック・オペラ 『ワイヤー&グラス〜ミニ・オペラ』が収録されている。なお、『The Boy Who Heard Music』は後に舞台劇となって、2007年7月13日から15日にかけてヴァッサー大学で上演された[12]

ヨーロッパやアジア等で発売された初回限定盤は、2006年7月27日にリヨン郊外のヴィエンヌで行われた公演を収録したライヴ・アルバム『ライヴ・アット・リヨン』を、ボーナス・ディスクとして追加した2枚組仕様。

本作からのシングル「イッツ・ノット・イナフ」は、『ビルボード』誌のメインストリーム・ロック・チャートで37位に達した[13]

収録曲[編集]

特記なき楽曲は作詞・作曲ともピート・タウンゼントによる。

  1. フラグメンツ - "Fragments" (Pete Townshend, Lawrence Ball) - 3:58
  2. パープル・ドレスの男 - "A Man in a Purple Dress" - 4:14
  3. マイク・ポストのテーマ - "Mike Post Theme" - 4:28
  4. イン・ジ・イーサー - "In the Ether" - 3:35
  5. ブラック・ウィドウズ・アイ - "Black Widow's Eyes" - 3:07
  6. 2000年 - "Two Thousand Years" - 2:50
  7. ゴッド・スピークス・オブ・マーティ・ロビンス - "God Speaks of Marty Robbins" - 3:26
  8. イッツ・ノット・イナフ - "It's Not Enough" (P. Townshend, Rachel Fuller) - 4:02
  9. ユー・スタンド・バイ・ミー - "You Stand by Me" - 1:36

ワイヤー&グラス〜ミニ・オペラ

  1. サウンド・ラウンド - "Sound Round" - 1:21
  2. ピック・アップ・ザ・ピース - "Pick Up the Peace" - 1:28
  3. アンホーリー・トリニティー - "Unholy Trinity" - 2:07
  4. トリルビーのピアノ - "Trilby's Piano" - 2:04
  5. エンドレス・ワイヤー - "Endless Wire" - 1:51
  6. フラグメンツ・オブ・フラグメンツ - "Fragments of Fragments" (P. Townshend, L. Ball) - 2:23
  7. ウィ・ガット・ア・ヒット - "We Got a Hit" - 1:18
  8. ゼイ・メイド・マイ・ドリーム・カム・トゥルー - "They Made My Dream Come True" - 1:13
  9. ミラー・ドア - "Mirror Door" - 4:14
  10. ティー&シアター - "Tea & Theatre" - 3:24

ボーナス・トラック[編集]

  1. ウィ・ガット・ア・ヒット(EXTENDED VERSION) - "We Got a Hit" (extended version) - 3:03
  2. エンドレス・ワイヤー(EXTENDED VERSION) - "Endless Wire" (extended version) - 3:03

ザ・フー・ライヴ・アット・リヨン[編集]

  1. シーカー - "The Seeker" - 2:36
  2. フー・アー・ユー - "Who Are You" - 6:58
  3. マイク・ポストのテーマ - "Mike Post Theme" - 3:55
  4. 奴らに伝えろ! - "Relay" - 7:40
  5. グレイハウンド・ガール - "Greyhound Girl" - 3:04
  6. ネイキッド・アイ - "Naked Eye" - 8:26
  7. 無法の世界 - "Won't Get Fooled Again" - 10:40
    • ジャケットには明記されていないが、「オールド・レッド・ワイン」とのメドレーとして演奏された。

参加ミュージシャン[編集]

『ライヴ・アット・リヨン』は、全曲とも上記6人による演奏である。

ゲスト・ミュージシャン

  • ローレンス・ボール - エレクトロニック(on 1. 15.)
  • ピーター・ハンティントン - ドラムス(on 8. 10. 11. 14. 16. 17. 18. 20. 21.)
  • スチュアート・ロス - ベース(on 8.)
  • ジョリオン・ディクソン - アコースティック・ギター(on 8.)
  • レイチェル・フラー - キーボード(on 8.)、オーケストレーション・スーパーヴァイザー(on 13.)
  • ビリー・ニコルズ - バッキング・ボーカル(on 10. 11. 14. 20. 21.)
  • ギル・モーリー - ヴァイオリン(on 13.)
  • ブライアン・ライト - ヴァイオリン(on 13.)
  • エレン・ブレア - ヴィオラ(on 13.)
  • ヴィッキー・マシューズ - チェロ(on 13.)

脚注[編集]

外部リンク[編集]