エンター・ザ・ボイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンター・ザ・ボイド
Enter the Void
監督 ギャスパー・ノエ
脚本 ギャスパー・ノエ
製作 ブラヒム・シウア
ヴァンサン・マルヴァル
オリヴィエ・デルボス
マルク・ミソニエ
ピエール・ブファン
ギャスパー・ノエ
製作総指揮 スザンヌ・ジラルド
音楽 トーマ・バンガルテル
撮影 ブノワ・デビエ
配給 日本の旗 コムストック・グループ
公開 フランスの旗 第62回カンヌ国際映画祭
カナダの旗 第34回トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 第25回サンダンス映画祭
フランスの旗 2010年5月5日
日本の旗 2010年5月15日
上映時間 163分 (カンヌ国際映画祭)[1]
155分 (トロント国際映画祭)[1]
143分 (日本劇場公開版)
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

エンター・ザ・ボイド』(Enter the Void)は、2009年フランス映画(日本公開は2010年)。『アレックス』以来、7年ぶりとなるギャスパー・ノエの長編監督作品。

第62回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門に出品され、163分のバージョンが上映された[1]。第34回トロント国際映画祭では155分版が公開された[2]

ストーリー[編集]

TOKYOでドラッグディーラーをして、妹のリンダと共に暮らしていたオスカーは、ある日運悪く警官に射殺されてしまう。オスカーの魂は、妹への強い愛の為に地上にとどまり、TOKYOの街を彷徨う。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

第62回カンヌ国際映画祭
第42回シッチェス・カタロニア国際映画祭
  • ノミネート: 作品賞 - ギャスパー・ノエ
  • 受賞: 撮影賞 - ブノワ・デビエ
  • 受賞: 特別審査員賞 - ギャスパー・ノエ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Festival de Cannes: Enter the Void”. festival-cannes.com. 2009年5月9日閲覧。
  2. ^ Enter the Void”. Toronto International Film Festival (2009年9月). 2010年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]