エンタシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンタシスの柱(法隆寺

エンタシス(entasis)は、建築において、円柱の下部から上部にかけて徐々に細くした、若しくは中部から上部にかけて細くした形状。古代ギリシャ発祥の建築方法である。 エンタシスを施した柱を下から見上げると、真っ直ぐに安定して見える錯覚を生むため、巨大建築物の柱に用いることが多い。

エンタシスを用いた建築物[編集]