エンスージア プロフェッショナル レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンスージア プロフェッショナル レーシング』(ENTHUSIA PROFESSIONAL RACING)は、KONAMI2005年3月17日に発売したPlayStation 2(以下PS2)用レースゲーム

概要[編集]

3年もの開発期間をかけてKONAMIが開発した、リアルドライビングシミュレーター。タイトルは愛好家を表す「エンスー」に由来している。
従来のゲームの弱点(リアルさを損なう一大要因)とされてきた体感Gに関しては、映像の工夫や実車(レース等)でも採用されているGロガーを模した(3軸Gセンサーとタイヤグリップを可視化した)もので表現するなど随所にリアルさ追求へのこだわりが感じられ、また『GT4』ではヨーの収束(慣性の収束)をリアリスティックなものではなくゲーム的に「味付け」してある[要出典]のに比べ、エンスージアでは純粋な理論計算のみで行う[要出典]など徹底しているのが特徴である。
※補足となるが、本ソフトと合わせてGT-FORCE PRO互換で市販の実車用ステアリングを取り付けられるハンドルコントローラーを販売するはずだったが、諸事情により急遽中止となった(オープニング映像では使用されている)。

ゲームシステム[編集]

すべてのゲームモードはそれぞれにおいて、ゲームシステムが変わっていく。
他のゲームモードの進行状況によって進行に影響が出るため、各モードに分けて説明する。
  • ENTHUSIA LIFE
このゲームのメインとなるゲームモード。プレイヤーは1人のドライバーになって様々なレースに出場し、レースポイントを貯めて世界ランキング1位の座を狙う。
大まかには、レースに勝利していくのが1つだが、プレイヤーの搭乗車の初期能力を表したオッズシステムというものがある。このシステムは、プレイヤーの搭乗車の初期能力を具体的に表しており、この値が小さいと後ろからのスタート、値が高いと前からのスタートになる。このシステムと、出たレースのグレードの倍率を掛け合わせたポイントが、レースポイントになる。
ポイントは12週分の中から上位9週分の合計ポイントが適用され、ポイントの溜めようによってグレードが上下する。
このモードのみHPが存在し、接触やコースアウトすると減少し、それが0になると次のレースには出場できなくなる。
ランキングによって、TIME ATTACK・FREE RACE・FREE RACEで走行できるコースが増える。規定のグレードに1回でも到達すれば常駐するようになる。
  • DRIVING REVOLUTION
コースに設置されたスピードプレートを一定速度で通過していき、ポイントを貯めてステージクリアを目指すモード。
音楽ゲームを得意としていたコナミが、シミュレータに何かゲーム性を持たせようと考え、リズムゲームの感覚でやってもらおうと作った。そのためステージの成績が一定評価でクリアという、『beatmania』にあるグルーヴゲージが取り入れられている。
しかし中には、かなりの難易度を誇るステージも存在し、一種のやり込み要素も含まれている。
このモードには、達成率なる物があり、一定率超えると、FREE RACE・TIME ATTACKで使用できる車が増加する。また、特定の条件をみたすことでしか使用できない車もある。
  • TIME ATTACK
  • FREE RACE

コース紹介[編集]

  • AIRPORT SQUARE
空港内に設置された、四方を金網で囲まれただけのコース。決められたコースを走るのではなく、

様々なドライビングテクニックを思う存分磨ける。

  • OCEAN BRIDGE
直線だけのコース。マシンパワーの限界を試すには絶好のステージ。
  • COSMIC EGGWAY
宇宙開発機構の敷地内にあると思われる架空サーキット。卵型のレイアウトでコーナーは2つしか無い。車のセッティング等を試すには絶好のステージ。モチーフは種子島宇宙センターである。
  • COSMIC WINDING
COSMIC EGGWAYのバックストレートから分岐するコース。内側にΩの形を模様しており、難しくなっている。
  • WILD WEST ENDURO
大型野球場の中に設置された、ラリーで言うスーパーSSを様したコース。全サーキット中、距離が短い。
日本の茨城県に存在する実在サーキット。
  • MARCO STRADA
木目のコースがあるステージ。Rはかなりきつく、コースアウトが出やすい。

ナイトコースでは雨で更に滑りやすくなっている。

  • MYSTIC CAVEWAY
全面グラベルのステージ。洞窟の中まで走行する。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「洞窟コース」として登場。その際、全面ターマックになっている。
  • AUTUMN HILL
日本の箱根をモチーフにしたコース。初心者にも走りやすい。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「郊外コース」として登場。
  • AUTUMN MOUNTAIN
AUTUMN HILLから分岐するコース。アップダウンが激しく、壁に接触する危険性が高い。
  • VICTORIA GARDEN
イギリスの市街地を舞台にしたコース。Rのきつい最終コーナーが特徴。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「英国コース」として登場。
  • VICTORIA ROAD
VICTORIA GARDENから分岐するコース。大きな円を描く場所と、アップダウンの激しいコース。
  • PACIFIC GATEWAY
海沿いの道路をサーキットにしたコース。大きな坂を上り下りする所があり、先の見通しがし難い。
  • REV CITY
日本の高速道路をモチーフにしたコース。難所もなく走りやすい。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「湾岸線コース」として登場。
  • LOWENSEERING
ドイツにある様々なサーキットをモチーフにしたコース。難易度の高いコーナーが多く、上級者向け。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「サーキットコース」として登場。
ドイツに存在する、全長20Kmの有名なコース。F1等で使用されるGPコースではなく、今回は北コースを使用する。
  • ROUTE de la SEINE
フランスの市街地をモチーフにしたコース。ループ状のコーナーを通り抜けるなど、かなり特徴的なコース。
  • SPEEDIAPOLIS RING
長方形型のオーバルコース。ひたすらにマシンパワーを求められる。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「オーバルコース」として登場。
  • DRAGON RANGE
1本道の峠コース。上りと下りがあり、攻略法が大きく変わる。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「峠(上り・下り)コース」として登場。
  • BURGENSCHLUCHT
ドイツをモチーフにしたコース。見通しの悪い場面が多く、クラッシュの危険性が高い。ちなみにこのコースは、同じコナミのアーケードゲーム『ロードファイターズ』に、「丘陵コース」として登場。
  • WINTERTRAUM
雪のコース。ブレーキをタイミングを誤ると、すぐにコースアウトやスピンを招く高難易度のコース。BURGENSCHLUCHTの

コーナーの一部を利用している。

  • EDGE OF THE ROAD
ヨーロッパのラリーをモチーフにしたコース。低速コーナーから高速コーナーまで幅広いコーナーを設けているが、ダートなので

グリップしにくい。

  • MIRAGE CROSSING

登場車種[編集]

外部リンク[編集]