エンジェル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンジェル駅
Angel Station
Angel tube Station building.jpg
エンジェル駅の位置(セントラル・ロンドン内)
エンジェル駅
エンジェル駅
セントラル・ロンドン内におけるエンジェル駅の位置
位置
所在地

City Road London EC1V 1NE

北緯51度31分56秒 西経0度06分21秒 / 北緯51.53222度 西経0.10583度 / 51.53222; -0.10583
行政区 イズリントン
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
駅構造 地下駅
ホーム数 2
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2005年 14.030百万人[1]
2007年 16.626百万人[1]
歴史
1901年 (1901) 開業

座標: 北緯51度31分55秒 西経0度06分22秒 / 北緯51.532度 西経0.106度 / 51.532; -0.106

エンジェル駅(Angel Station)は、ロンドン地下鉄ノーザン線バンク支線の鉄道駅である。イズリントンの繁華街、エンジェルのIslington High Street (正式名称A1ロード)沿いに駅舎がある。トラベルカードのゾーンは1

キングス・クロス・セント・パンクラス駅オールド・ストリート駅との間にエンジェル駅は位置する。この区間、列車はロンドンInner Ring Roadの直下を走る。列車はちょうど弧を描くようにキングス・クロス・セント・パンクラス駅からペントンビル・ロードに沿って緩やかに曲がりながらエンジェル駅を目指して北東に進む。エンジェル駅に到達したら今度はシティ・ストリート沿いにシティを目指し、曲線を描きながら南東に向かう。

また、エンジェル駅とオールド・ストリート駅の間にはCity Road Stationがあった (現在は廃止)。

概要[編集]

エンジェル駅は1901年City & South London Railwayの拡張に伴いオープンした。当時のエンジェル駅はムーアゲート駅 から北へ拡張された路線の終着駅となっていた。パブの名前が由来となったロンドン地下鉄駅は5つあるが、エンジェル駅の名称も1638年には記録に登場する有名なパブ、"Angel Inn"に由来する。

ノーザン線の他の多くの駅と同様に、エンジェル駅も開業当初は島式ホームを用い、プラットホームへのアクセスにはリフトを利用していた。この島式ホームはホームが乗降客で過密になる事態生み出し、開業以来何年もの間、安全面での懸念材料になっていたが、過密問題が最終的に解決されるのは、1992年にエンジェル駅が完全にリニューアルされるまで待たなければならなかった。

1992年の大改修では北行きのプラットホームが新たに設置され、南行きのホームも開業当初使用していた幅9メートルのトンネルスペースを完全に占有する形で作り替えられた。現在の南行きホームがほとんどの駅のホームよりも広いのは、南・北行きの列車が発着していた島式ホームのスペースを南行きホームだけで利用しているためである(ホームの広さの違いはギャラリーを参照)。開業当初はTorrens StreetCity Road の角にあったプラットホームへ降りるリフト乗降口も閉鎖され、Islington High Street沿いに新たに設置された。大改修によって、駅への新しいエントランスからプラットホームは遠くなり、急勾配のエスカレーターを二度乗り継がなければ辿り着けない。2つのエスカレーターのうち一つは西ヨーロッパで最も高低差があるエスカレーターで、高低差27.4メートル、長さが60メートルもある[2]

近隣[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update
  2. ^ abandonedstations.org.uk http://www.abandonedstations.org.uk/Angel_station.html

外部リンク[編集]