エレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレール (Heller、Heller Joustra S.A) はかつてフランスにあった独立した模型メーカーであり、現在はフランスの宝飾店傘下の模型メーカー・ブランドである。ドイツの木製玩具メーカーのへラー (JAN HELLER e.K. ) とのかかわりは無い。

概要[編集]

エレールは、ポリスチレンをフランスで最初に使用したプラモデルメーカーであり、飛行機艦船などのプラモデルを主に生産・販売している。会社は1957年に創業され、その後は幾多の変遷を経て、現在は宝飾品販売店のMANOP傘下に入っている。日本では1970年代にトミーと提携し、エレール製品がトミーから発売されていたことがあった。日本語ではエレールと呼称される。

歴史[編集]

1957年パリにてレオ・ジャヒール (Léo Jahiel ) によってエレール株式会社 (Heller S.A. ) が設立された。最初の製品は1/100スケールのシュド・カラベルであった。1963年にはオルヌ県Trunに設置された工場での製造が開始された。

1975年Jouef、ソリドと共に「Le Jouet Français 」となったが、1981年に破綻し、アメリカの食品メーカーであるボーデン傘下のハンブロールグループに入った。1986年には競合する模型メーカーのエアフィックスもこのグループに加わり、エアフィックスの製品はエレールのTrun工場で製造されるようになった。1988年、パリの拠点を全て閉鎖しTrunへ移った。1994年、エレールはグループの他の企業と共にアイルランドの投資会社である Allen & McGuire に3100万フランスフランで売却された。

1999年、エレールは玩具メーカーのジュストラ (Joustra ) を買収した。2005年マネジメント・バイアウトでグループを離脱したが2006年7月に倒産した。エレールの工場でエアフィックス製品を製造していた関係で、エアフィックスが経営危機に陥り、またハンブロールグループ全体も経営危機に陥り、ハンブロールは2006年11月にホーンビィに買収された。

エレールは2007年1月に宝飾品販売店であるMANOP (MANufacture d'Objet Précieux ) の傘下に入り、エレール・ジュストラ株式会社 (Heller - Joustra S.A ) となった。

製品[編集]

初期に発売された航空機のキットは1/100, 1/75, 1/50といったメートル法スケールのものが主であったが、1960年代の半ばに国際スケールの1/72と1/48を採用し、以降はこれが中心となった。ただし、旅客機のみは多くのメーカーが採用している1/144より一回り大きい独自スケールの1/125を現在でも採用している。艦船のキットも、他社より大きめの1/400が主力となっている。また1970年代の半ばより1/72と1/35の戦闘車両のキットも発売している。エアフィックスと同一のグループになってからは金型の交流も活発に行われて、相当数のエアフィックスのキットがエレールのブランドで発売され、数は少ないものの逆のケースもあった。また、両社で共同で新キットを開発し、若干仕様の違うキットを両社でほぼ同時に発売するケースもあった。

現在展開されているのは、従来から発売されている「Classique」、初心者向けに塗料や接着剤が入った「Kit」、ウレタン樹脂製パーツやエッチングパーツが入った「Upgrade」の3種である。

航空機[編集]

1960年代に開発された初期の1/72キットは、品質よりも機種選択自体に価値があった。機体に大きなリベットが打たれ、キャノピーは厚く、コクピットや脚収納部のディーテールも無かったが、ブロックポテの双発機、ウーラガンや初期のミステール、初期のサーブの戦闘機、そしてノラトラトランザールなどのフランスの大型輸送機といった、他のメーカーでは模型化されていない機体が作られていた。1970年代に入り製品数が増えるとともに、品質も向上していった。1970年代に開発された注目すべきキットとしては、PZL.23やSBC ヘルダイバー(複葉機)などがある。

アメリカやイギリスの機体に関しては、競合する製品も多く、特に優れた点も見られないが、ムスタングスピットファイアヘルキャットコルセアクルセイダーハリケーンセイバーBf109零戦などの有名機も1970年代以降多数模型化している。特にスピットファイアとBf109は当時としては珍しく同時期に複数のタイプをモデル化しており、他社には見られないマイナーなタイプも作られていた。また1980年代末以降、F-14F-15などの現用機を中心とした、エアフィックス製キットを自社ブランドで発売している。

1980年代には、ボーイング707コンステレーションDC-6のような4発の大型旅客機や、消防用飛行艇カナディア CL-215などを1/72スケールでモデル化している。

初期の1/50スケールのヘリコプターは、モールドが荒く、形状的にも疑問な点があるが、機種としてはフルロンピューマアルエットガゼルラマなどユニークなものが多い。1969年に初めてアルエットのキットを手にしたある米国人ベテランモデラーは、「まるでフランス版のオーロラ製キットのようだ」と評している。

軍用車両[編集]

1975年より1/35スケールの戦車、軍用車両を発売し、1/35スケールの充実に貢献している。車種的にはドイツのレオパルトシリーズを除けば自国で使われた車両が中心であり、現用のAMX-13AMX-30シリーズ、パナール装甲車、第二次世界大戦時のソミュア S35オチキス H35ルノー R35などが作られている。アメリカから貸与されたジープや2.5tトラック、アルペン猟兵などのフィギュアも模型化されている。また、1970年代半ばに大型ヘリコプターのシュペル・フルロンを1/35でモデル化しているが、これは軍用車両にスケールを合わせて開発された最も初期の航空機キットの一つである。

艦船[編集]

軍艦は1/400スケールが主で、フランス艦を中心に、イギリスやドイツの主力艦も模型化されている。一部のフランスの小型艦艇には1/200や1/100スケールで模型化されているものもある。大型の帆船モデルも作られており、1/100スケールのHMS ヴィクトリーや、ソレイユ・ロワイヤルなどがその代表である。

自動車[編集]

第二次世界大戦期の前輪駆動セダン、シトロエン11/15CVを1/43、1/24および1/8でモデル化している。また、1/24の旧車のシリーズには、Delahaya、ドラージュブガッティベントレーブロワーなど、他社からのモデル化の望めない黄金期のヨーロッパ車の精巧なキットが含まれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]