エレーヌ・ジュルダン=モランジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレーヌ・ジュルダン=モランジュHélène Jourdan-Morhange, 1892年 - 1961年)はフランスの女性ヴァイオリニスト

同時代の音楽の霊感豊かな演奏家として知られ、とりわけ1917年からモーリス・ラヴェルと親交を結び、そのお気に入りの演奏家になったことで知られている。1922年にはラヴェルの《ヴァイオリンとチェロのためのソナタ》を初演し、1927年には《ヴァイオリン・ソナタ》をラヴェルに献呈されている(また、ポール・パレーからもヴァイオリン・ソナタを献呈された)。

両手の関節リウマチを患ったために、早くの引退を余儀なくされた。後年、ラヴェルに関する回想録を上梓している。

著書[編集]

  • Ravel et nous, Éditions du Milieu du monde, 1945 ;

Biographie de Maurice Ravel, préfacée par Colette et illustrée par Luc-Albert Moreau.