エレーナ・グレボワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif エレーナ・グレボワ
Elena GLEBOVA
Figure skating pictogram.svg
2012 WFSC 05d 098 Elena Glebova.JPG
2012年世界選手権でのグレボワ
基本情報
代表国: エストニアの旗 エストニア
生年月日: 1989年6月16日(25歳)
出生地: タリン
身長: 166 cm
元コーチ: イゴール・クロカビッチ
クレイグ・マウリツィ
アンナ・レバンティ
イリーナ・コノノワ
元振付師: リー=アン・ミラー
バフタン・ムルバニゼ
マリナ・ズエワ
ヴェロニカ・ヴァリマエ
マリア・マクリーン
ニコライ・モロゾフ
オルガ・オルロワ
アンナ・レバンティ
所属クラブ: アンナレヴァンティ FSC
引退: 2014年5月21日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 155.71 2014 欧州選手権
ショートプログラム: 55.90 2009年世界選手権
フリースケーティング: 101.03 2014 欧州選手権

エレーナ・グレボワエストニア語: Jelena Glebova, 英語: Elena Glebova, ロシア語: Елена Глебова1989年6月16日-)は、エストニア女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。兄はフィギュアスケート選手(ペア)のイリヤ・グレボフ

2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックエストニア代表。

経歴[編集]

エストニアのタリンに生まれ、父はロシア出身、母はフィンランド国籍を持つ。グレボワはロシア系の姓である。

5歳のとき兄イリヤのフィギュアスケートの練習について行ったのがスケートを始めるきっかけとなった。10歳で初めてダブルアクセルを跳んだ。12歳のとき、スーパーマーケットでたまたまアンナ・レバンティ(旧姓コンドラショワ)と会い、以来コーチを受けることになった。

2004年、14歳でエストニア選手権を優勝。2005年にはオリンピック最終予選となったカールシェーファーメモリアルで出場枠を勝ち取り、2006年のトリノオリンピックに出場した。2007年からは世界選手権でフリー進出を続けている。

2010年欧州選手権は地元エストニアでの開催で、自己最高の10位に入った。バンクーバーオリンピックにも出場し、FSに進出を果たした。2010年のエストニア選手権では3位となり、欧州選手権には出場できなかったが、他の選手の出来とユニバーシアードの成績を加味され世界選手権に派遣された。シーズン終了後にコーチをイゴール・クロカビッチとクレイグ・マウリツィと変更した、アメリカへ練習拠点を移した。[1]

2014年5月21日、現役からの引退を発表した。[2]

主な戦績[編集]

2008-2009シーズンから[編集]

大会/年 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 21 29
世界選手権 16 21 22 13 16 26
欧州選手権 12 10 11 13 7
エストニア選手権 1 1 3 1 1
GPエリック杯 7
GPロシア杯 6 10
GPスケートアメリカ 5
GPスケートカナダ 11
ユニバーシアード 4 7 4
NRW杯 7 1
ネーベルホルン杯 4 9 4 11
USインターナショナル 4
クリスタルスケート 1
メラーノ杯 1
フィンランディア杯 6 2
アイスチャレンジ 4
シェーファー記念 2

2007-2008シーズンまで[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08
冬季オリンピック 28
世界選手権 34 18 15
欧州選手権 26 15 12
エストニア選手権 3 J 1 1 2 1
GPエリック杯 6
GPスケートカナダ 8
ネーベルホルン杯 12 6
フィンランディア杯 5
シェーファー記念 5  
ネペラ記念 7
世界Jr.選手権 27 20 11 6 11
JGPリベレツ 3
JGPブダペスト 6
JGPタリン杯 6
JGPウクライナ記念 13
JGPスケートロングビーチ 8
JGPバルト杯 25
JGPソフィア杯 16
ワルシャワ杯 2 J
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 26
48.09
- 26
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 29
46.19
- 29
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 8
54.68
7
101.03
7
155.71
2013年12月9日-15日 ユニバーシアード冬季競技大会トレンティーノ 4
51.98
4
100.94
4
152.92
2013年12月3日-8日 2013年NRW杯ドルトムント 1
55.22
1
95.58
1
150.80
2013年9月25日-28日 2013年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 14
46.27
8
88.47
11
134.74


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 15
54.59
16
97.90
16
152.49
2013年1月23日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 9
51.90
13
91.55
13
143.45
2012年12月14日-16日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン 1
58.13
1
101.65
1
159.78
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
52.61
9
88.25
7
140.86
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
54.26
4
98.10
4
152.36
2012年9月12日-16日 2012年USシニアインターナショナルソルトレイクシティ 4
54.82
4
94.67
4
149.49


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 2
92.52
14
49.04
10
95.24
13
144.28
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド - 10
52.32
13
89.60
11
141.92
2011年12月16日-18日 エストニアフィギュアスケート選手権プレーミア - 2
50.41
1
101.87
1
152.28
2011年11月18日-20日 2011年メラーノ杯メラーノ - 1
54.68
1
103.09
1
157.77
2011年11月10日-13日 2011年クリスタルスケートブラショフ - 1
49.24
2
85.28
1
134.52
2011年10月6日-9日 2011年フィンランディア杯ヴァンター - 2
56.52
2
87.22
2
143.74


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 9
76.13
20
46.28
22
78.50
22
124.78
2011年1月30日-2月5日 ユニバーシアード冬季競技大会エルズルム - 13
42.52
5
85.35
7
127.87
2010年12月18日-19日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン - 1
53.42
6
73.84
3
127.26
2010年11月30日-12月5日 2010年NRW杯ドルトムント - 3
50.45
9
80.20
7
130.65
2010年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ - 10
45.78
10
85.42
10
131.20
2010年10月7日-10日 2010年フィンランディア杯ヴァンター - 4
47.88
7
79.95
6
127.83


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 22
47.72
19
85.13
21
132.85
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 21
50.80
22
83.39
21
134.19
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 13
50.10
10
88.83
10
138.93
2009年12月19日-20日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン 1
51.32
1
91.33
1
142.65
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 5
52.28
4
96.43
5
148.71
2009年10月28日-11月1日 2009年アイスチャレンジグラーツ 4
53.88
4
88.29
4
142.17
2009年10月3日-日 2009年ジャパンオープンさいたま - 5
85.16
1
団体
2009年9月23日-26日 2009年ネーベルホルン杯[3]オーベルストドルフ 9
46.02
7
83.31
9
129.33


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 13
55.90
17
84.12
16
140.02
2009年2月18日-28日 ユニバーシアード冬季競技大会ハルビン 3
52.90
3
93.52
4
146.42
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 13
43.68
9
84.68
12
128.36
2008年12月5日-7日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン 1
51.60
1
93.76
1
145.36
2008年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6
51.02
6
89.65
6
140.67
2008年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 11
41.18
11
75.20
11
116.38
2008年10月14日-17日 2008年カールシェーファーメモリアルウィーン 1
51.89
2
87.09
2
138.98
2008年9月25日-28日 2008年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 4
50.24
7
81.39
4
131.63


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 20
46.26
10
93.84
15
140.10
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 5
53.05
12
72.51
11
125.56
2007年11月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
55.24
7
86.47
6
141.71
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベック 7
51.36
7
94.33
8
145.69
2007年9月27日-30日 2007年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 13
40.59
5
86.44
6
127.03


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 22
46.10
18
85.08
18
131.18
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 4
51.22
11
80.69
6
131.91
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 10
47.35
12
79.45
12
126.80
2007年1月5日-7日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン 1
52.69
1
91.61
1
144.30
2006年11月18日-19日 2006年ワルシャワ杯 ジュニアクラス(ワルシャワ 1
46.34
4
57.87
2
104.21
2006年10月19日-22日 ISUジュニアグランプリ リベレツリベレツ 4
42.69
2
78.44
3
121.13
2006年10月6日-8日 2006年フィンランディア杯ヴァンター 5
46.72
5
81.22
5
127.94
2006年8月31日-9月3日 ISUジュニアグランプリ ブダペストブダペスト 8
34.56
5
66.53
6
101.09


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 7
76.32
12
40.42
8
77.84
11
118.26
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 28
38.47
- 28
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 14
42.32
16
74.27
15
116.59
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアル[3]ウィーン - 3
45.33
10
70.38
5
115.71
2005年9月22日-24日 2005年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ - 8
34.96
7
71.22
7
106.18
2005年9月15日-18日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン - 6
43.98
6
75.34
6
119.32


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 17
14.91
- - 34
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 15
53.80
16
39.75
22
60.89
20
100.64
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 26
34.30
- 26
2004年9月30日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ - 17
33.92
8
66.61
13
100.53
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチロングビーチ - 8
34.08
8
58.89
8
92.97
2004年9月2日-5日 2004年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 14
32.18
12
65.35
12
97.53


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 13 26 - 27
2003年10月30日-11月2日 ISUジュニアグランプリ グダニスク杯グダニスク - 25 25 25
2003年9月11日-14日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 11 18 16


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2013-2014 Love in Three Acts
振付:バフタン・ムルバニゼ
クレオパトラ
振付:リー=アン・ミラー
2012-2013 Tales and legends
作曲:ロランド・タンビン
振付:バフタン・ムルバニゼ
ブラック・マジック・ウーマン
演奏:カルロス・サンタナ
振付:リー=アン・ミラー
2011-2012 映画『天使と悪魔』サウンドトラック
作曲:ハンス・ジマー
振付:オルガ・オルロワ
スパルタクス
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:オルガ・オルロワ
2010-2011 テレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』サウンドトラック
作曲:ダグラス・J・クオモ、トム・フィンドレイ
振付:ヴェロニカ・ヴァリマエ
スペイン奇想曲
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:マリア・マクリーン
Ooh,la,la
曲:ゴールドフラップ
振付:ヴェロニカ・ヴァリマエ
2009-2010 テレビドラマ『エデンの東』のテーマ
作曲:リー・ホールドリッジ
振付:マリア・マクリーン
2008-2009 我が母の教えたまいし歌 ジプシーの歌より
作曲:アントニン・ドヴォルザーク
カルミナ・ブラーナ[4]
作曲:カール・オルフ
2007-2008 アランフエス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ[5]
ピアノ協奏曲イ短調[6]
作曲:エドヴァルド・グリーグ[5]
2006-2007 タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
演奏:ヴァネッサ・メイ
ボヘミアン・ラプソディ
作曲:フレディ・マーキュリー
2005-2006 愛の夢
作曲:フランツ・リスト
2004-2005 映画『サロメ』より
作曲:ロクエ・バニョス
2003-2004 ロード・オブ・ザ・ダンス
作曲:ロナード・ハーディマン
映画『ラストエンペラー』より
作曲:坂本龍一デヴィッド・バーン

脚注[編集]

  1. ^ Everything is new for Estonia's Elena Glebova
  2. ^ Tippspordist loobunud Jelena Glebova: mu karjäär oli suurepärane seiklus
  3. ^ a b オリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。
  4. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.77
  5. ^ a b エレーナ・グレボワ公式サイト
  6. ^ 「Color of Costume」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.58-61
[ヘルプ]

外部リンク[編集]