エレファントピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレファントピン
識別情報
CAS登録番号 13017-11-3
PubChem 264743
日化辞番号 J15.798H
ChEMBL CHEMBL400927
特性
化学式 C19H20O7
モル質量 360.36 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エレファントピン(elephantopin)は、キク科エレファントプス属の植物Elephantopus elatusから抽出された天然物である。ゲルマクラノリド骨格を持つセスキテルペンラクトンであり、2つのラクトン環と1つのエポキシド基を含む[1]

エレファントピンは抗腫瘍活性を示す[2]

脚注[編集]

  1. ^ Kupchan, S. Morris; Aynehchi, Y.; Cassady, John M.; McPhail, A. T.; Sim, G. A.; Shnoes, H. K.; Burlingame, A. L. (1966). “The isolation and structural elucidation of 2 novel sesquiterpenoid tumor inhibitors from Elephantopus elatus”. J. Am. Chem. Soc. 88 (15): 3674–3676. doi:10.1021/ja00967a056. 
  2. ^ Rajkapoor, B; Jayakar B; Anandan R. (Jan-Feb 2002). “Antitumor activity of elephantopus scaber linn against dalton's ascitis lymphoma” (Abstract at IndMED). Indian Journal of Pharmaceutical Sciences 64 (1): 71–3. http://medind.nic.in/imvw/imvw282.html 2009年12月3日閲覧。.