エレナ・デ・ボルボーン・イ・デ・グレシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレーナ・デ・ボルボン・イ・デ・グレシア
Elena de Borbón y de Grecia
インファンタおよびルーゴ女公爵
Elena de Borbón y Grecia.jpg
続柄 フアン・カルロス1世第1子
全名 Elena María Isabel Dominica de Silos
出生 1963年12月10日(51歳)
スペインの旗 スペインマドリード
配偶者 ハイメ・デ・マリチャラル(1995年 - 2010年)
子女 フェリーペ・フアン・フロイラン
ビクトリア・フェデリカ
父親 フアン・カルロス1世
母親 ソフィア
テンプレートを表示
スペイン王室
Coat of Arms of Spanish Monarch.svg

フアン・カルロス1世
ソフィア王妃

エレーナ・デ・ボルボン・イ・デ・グレシアスペイン語: Elena María Isabel Dominica de Silos de Borbón y de Grecia, Duquesa de Lugo, 1963年12月10日 - )は、スペイン王女(Infanta de España)、ルーゴ女公爵。

略歴[編集]

マドリードで誕生した。

父はスペイン王フアン・カルロス1世、母は王妃ソフィア。妹にクリスティーナ、弟にフェリペ6世がいる。

大学で哲学と教育を学んだ。英語フランス語が堪能である。

1995年5月18日、ナバーラバスク系貴族ハイメ・デ・マリチャラル(Jaime de Marichalar y Sáenz de Tejada)とセビーリャ大聖堂で結婚した。この結婚に伴い、夫妻にはルーゴ公の称号が授与された[1]。2人の間には2子がある。

  • フェリーペ・フアン・フロイラン(1998年 - )
  • ビクトリア・フェデリカ(2000年 - )

2007年11月13日、インファンタ・エレーナとルーゴ公ハイメの別居が公表された [2]

2009年11月、ルーゴ公ハイメとの離婚が合意したと発表された[3]

1986年に来日している。同年10月18日、東宮御所で開催された歓迎の茶会が徳仁親王小和田雅子の初対面の場となった。

参照[編集]

外部リンク[編集]

上位:
ソフィア王女
Infanta Sofía
スペイン王位継承権者
継承順位第 3
下位:
ドン・フェリペ・フアン・フロイラン
Don Felipe Juan Froilán