エレクトリック・カフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Electric Café / Techno Pop
クラフトワークスタジオ・アルバム
リリース 1986年
録音 1982–1986
ジャンル テクノ・ポップ電子音楽
時間 35 38
レーベル ドイツの旗イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗カナダの旗ワーナー・ブラザーズ
プロデュース ラルフ・ヒュッター, フローリアン・シュナイダー
カール・バルトス, ウォルフガング・フリューア
専門評論家によるレビュー
クラフトワーク 年表
コンピューター・ワールド
(1981年)
エレクトリック・カフェ
(1986年)
THE MIX
(1991年)
テンプレートを表示

エレクトリック・カフェ (Electric Cafe) はドイツテクノユニット、クラフトワークのアルバム。

1986年EMI北米地区はワーナー・ブラザーズ・レコード)よりリリースされた。スペイン限定の初回版のみ、「セックス・オブジェクト」がスペイン語版で収録された。また韓国版は儒教の影響を考慮して、英語版から「セックス・オブジェクト」をカットしたバージョンで発売された。

2009年11月にアウトバーン以降のスタジオアルバムがリマスターされ再発された際に、タイトルを『テクノ・ポップ』(Techno Pop) に改題、カールのボーカルによる「テレフォン・コール」をアルバムバージョンより短いシングルバージョンに変更し、海外で「テレフォン・コール」12インチシングルに収録されていた「ハウス・フォン」(House Phone) が追加収録された。

曲目[編集]

英語版[編集]

  1. ボウイング・ブーム・チャック - Boing Boom Tschak (02:57)
  2. テクノ・ポップ - Techno Pop (07:42)
  3. ミュージック・ノン・ストップ - Musique Non-Stop (05:45)
  4. テレフォン・コール - The Telephone Call (08:03)
  5. セックス・オブジェクト - Sex Object (06:51)
  6. エレクトリック・カフェ - Electric Cafe (04:20)

ドイツ語版[編集]

  1. Boing Boom Tschak (02:57)
  2. Techno Pop (07:42)
  3. Musique Non-Stop (05:45)
  4. Der Telefon-Anruf (08:03)
  5. Sex Objekt (06:51)
  6. Electric Cafe (04:20)

スペイン語初回限定版[編集]

  1. Boing Boom Tschak (02:57)
  2. Techno Pop (07:42)
  3. Musique Non-Stop (05:45)
  4. The Telephone Call (08:03)
  5. Objeto Sexual (06:51)
  6. Electric Cafe (04:20)

リマスター版[編集]

  1. ボウイング・ブーム・チャック - Boing Boom Tschak (02:57)
  2. テクノ・ポップ - Techno Pop (07:42)
  3. ミュージック・ノン・ストップ - Musique Non-Stop (05:45)
  4. テレフォン・コール - The Telephone Call (03:50)
  5. ハウス・フォン - House Phone (04:56)
  6. セックス・オブジェクト - Sex Object (06:51)
  7. エレクトリック・カフェ - Electric Cafe (04:20)

※上記は英語版だが、ドイツ語版も言語以外は同内容

主な使用機材[編集]