エレオステアリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
α-エレオステアリン酸
識別情報
CAS登録番号 13296-76-9
特性
化学式 C18H30O2
モル質量 278.43 g/mol
融点

48 °C[1]

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エレオステアリン酸(Eleostearic acid, ELA)またはα-エレオステアリン酸(α-eleostearic acid)は、共役リノレン酸の一つ。キリ油では約80%、ツルレイシ油では約60%の割合でエレオステアリン酸が含まれる。不飽和度が高く、キリ油のように乾性油としての用途がある。ラットでは、エレオステアリン酸は共役リノール酸(CLA)に変換される[2]

必須脂肪酸を研究したバーとミラーは、エレオステアリン酸とその異性体であるα-リノレン酸と栄養的な機能の比較を行ったところ、α-リノレン酸は必須脂肪酸の欠乏症の治療に効果があるが、エレオステアリン酸にはそのような効果は無いという結果になった[1]

α-エレオステアリン酸のシス-トランス異性体に、二重結合が全てcis型になったβ-エレオステアリン酸:(9E,11E,13E)-9,11,13-オクタデカトリエン酸がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Burr, G.O.; Burr, M.M.; Miller, E. (1932). “On the nature and role of the fatty acids essential in nutrition” (PDF). J. Biol. Chem. 97 (1): 1–9. http://www.jbc.org/cgi/reprint/97/1/1.pdf 2007年1月17日閲覧。. 
  2. ^ Tsuzuki T, Kawakami Y, Abe R, et al (August 2006). “Conjugated linolenic acid is slowly absorbed in rat intestine, but quickly converted to conjugated linoleic acid”. J Nutr 136 (8): 2153–9.. PMID 16857834. http://jn.nutrition.org/cgi/content/abstract/136/8/2153 2007年1月17日閲覧。. 

関連項目[編集]