エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ
メキシコ
エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ沿いの町、サンミゲルの夜景
エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ沿いの町、サンミゲルの夜景
英名 Camino Real de Tierra Adentro
仏名 Camino Real de Tierra Adentro
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 2010年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロの位置
使用方法表示

エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロスペイン語:El Camino Real de Tierra Adentro)は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州のサン・ファン・プエブロ(現在のオケ・オウィンゲen)からメキシコ合衆国の首都であるメキシコシティまでの約2,560キロメートルの道路である。1598年から1882年までの間、陸上交易の通路として使用された。アメリカ合衆国内の延長距離は404マイル(646キロメートル)であり、アメリカ合衆国内部分では、ナショナル・ヒストリック・トレイルに2004年に指定された。アメリカ国内の管理は、アメリカ合衆国国立公園局及び土地監督局が行っている。

メキシコ領内の部分は、2010年UNESCO世界遺産に登録された[1]

この道路の世界遺産で300年の間、運ばれていたのは、サカテカスグアナフアトサン・ルイス・ポトシで採掘されたであった[2]。また、ヨーロッパからは水銀が輸入され、メキシコの鉱山に運ばれていった[2]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

  1. ^ World Heritage Committee inscribes three new cultural sites, three natural sites and one extension on World Heritage List”. UNESCO. 2010年8月2日閲覧。
  2. ^ a b Camino Real de Tierra Adentro, Brief Description”. UNESCO. 2010年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲル保護街区ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖域 | エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカの中部渓谷にあるヤグルミトラの先史時代の洞窟
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。