エル・アナツイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エル・アナツイ(El Anatsui、1944年 - )は、ガーナ彫刻家ヴォルタ州アニャコ出身。

人物[編集]

4歳のときに母親が亡くなり、アンロガのキリスト教聖職者の叔父に引き取られた。1965年クマシクワメ・エンクルマ科学技術大学へと入学。卒業後は美術講師の職を転々とし、1975年ナイジェリア大学の教職の座に就き、現在も教職の仕事の傍らナイジェリアで創作活動を続けている。

2007年ヴェネツィア・ビエンナーレに出展したワインウイスキーの蓋やアルミで作ったタペストリー『Dusasa II』は、現在メトロポリタン美術館に所蔵されている。2010年9月16日から12月7日まで国立民族学博物館にて特別展『エル・アナツイのアフリカ―アートと文化をめぐる旅』が開催された。

外部リンク[編集]