エルヴィラ・オゾリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルヴィラ・オゾリーナ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム エルヴィラ・オゾリーナ
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
種目 やり投
生年月日 1939年10月8日(75歳)
生誕地 レニングラード
 
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
陸上競技
オリンピック
1960 ローマ 女子 やり投
ヨーロッパ陸上選手権
1962 ベオグラード 女子 やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

エルヴィラ・オゾリーナ(Elvīra Ozoliņa、1939年10月8日 - )は、ソビエト連邦の陸上競技選手。1960年ローマオリンピックの金メダリストである。レニングラード(現サンクトペテルブルク)出身。ラトビア人。

経歴[編集]

オゾリーナは1960年代に活躍したやり投の選手である。1960年のシーズンのはじめに、57m92、59m55と2度にわたり世界新記録を樹立。9月1日にやり投の決勝が行われるローマオリンピックでは優勝候補と見られており、大会ではチェコスロバキアダナ・ザトペコワらを押さえて、予想通り金メダルを獲得した。

オゾリーナの2度目の大きな国際大会となった1962年のベオグラードで開催されたヨーロッパ選手権でも54m93で金メダルを手にした。

オゾリーナは、1963年に59m78の世界新記録を樹立。翌1964年8月にはキエフで行われたソビエト選手権において61m38と、史上初めて60mの大台を突破する世界新記録を樹立。これにより、10月から行われる東京オリンピックでは2連覇の可能性が高まった。しかし、東京では、予選で同じソ連のエレーナ・ゴルチャコワが62m40の世界新を出し、決勝では、17歳のルーマニアミハエラ・ペネスが60m54で金メダル。オゾリーナは、54m81しか投げられず5位にとどまった。2年後の1966年のブダペストで開催されたヨーロッパ選手権でも5位にとどまっている。

オゾリーナの夫は、同じソ連のやり投選手であるヤーニス・ルーシスであり、息子のヴォルデマルス・ルーシスもやり投の選手として2000年シドニーオリンピック、2004年アテネオリンピックにラトビア代表として出場している。

世界記録[編集]

記録 記録日 場所
57m92 1960年5月3日 レゼリドゼ
59m55 1960年6月4日 ブカレスト
59m78 1963年7月3日 モスクワ
61m38 1964年8月27日 キエフ

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1959 ユニバーシアード トリノ(イタリア) やり投 1位 49m95
1960 オリンピック ローマ(イタリア) やり投 1位 55m98
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) やり投 1位 54m93
1963 ユニバーシアード ポルトアレグレ(ブラジル) やり投 2位 47m00
1964 オリンピック 東京(日本) やり投 5位 54m81
1966 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) やり投 5位 55m52

外部リンク[編集]