エルヴィス・カントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルヴィス・カントリー」はエルヴィス・プレスリーアルバム。 ジャケットはエルヴィスが2才の頃の写真である。

解説[編集]

収録曲は1970年6月4日から8日にかけてナッシュヴィルのRCAスタジオBで行われたレコーディング・セッションと、 その補足的に行われた9月22日のRCAスタジオBでのレコーディング・セッションで録音され、1970年6月と9月と10月にストリングスやコーラスがオーバーダビングされた。

スコティ・ムーアやD.J.フォンタナらを中心とする今までのバックバンドからメンバーを一新し、フェルトンが集めたナッシュビルのスタジオミュージオシャン達に入れ替わった。

当初6月4日から8日のセッションではアルバム1枚とシングル2枚分の18曲ほどをレコーディングする計画だったが、レコーディングは順調に進み、3日目の夜には20曲が仕上がり、 最終的に35曲もの曲が録音され、「エルヴィス・オン・ステージVol.1」「エルヴィス・カントリー」「ラヴ・レター・フロム・エルヴィス」「エルヴィス・ナウ」と、いくつかのシングルに振り分けられて収録された。 セッション4日目の6月7日、予定外だった「知りたくないの」を録音したことがきっかけにカントリーソングを次々と録音していき、 それまでに何曲かカントリーソングを録音していたこともあり、プロデューサーのフェルトン・ジャーヴィスはカントリーアルバムを作るというアイディアが浮かんだのだという[1]。 また、このナッシュヴィル・セッションからフェルトン・ジャーヴィスがエルヴィス専属の独立プロデューサーとなっている。

アルバムを仕上げるのに曲数が足りなかったため9月22日に追加でレコーディングが行われたが、このセッションにジェームズ・バートンは参加しなかったためエディ・ヒントンがギターを担当。 4曲録音された内「スノーバード」と「ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン」がこのアルバムに収録された。

曲間は「おいらは何でも見ちゃったよ」で繋がれており「おいらは何でも見ちゃったよ」のフルバージョンは「エルヴィス・ナウ」に収録。2000年にボーナストラックの1つとしてこのアルバムに加えられている。

2000年にアップグレイド盤として6曲がボーナス・トラックとして加えられた。

2012年に「ラヴ・レター・フロム・エルヴィス」とのカップリングでボーナストラックを加えたレガシー・エディションが発売された。

収録曲[編集]

A面[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 70/9/22 スノーバード Snowbird Gene MacLellan 2:17
2. 70/6/7 明日は来ない Tomorrow Never Comes Johnny Bond, Ernest Tubb 4:07
3. 70/6/4 一人ぼっちの山小屋 Little Cabin on the Hill Bill Monroe, Lester Flatt 1:58
4. 70/9/22 ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン Whole Lotta Shakin' Goin' On Dave "Curly" Williams, Sunny David 3:10
5. 70/6/7 時のたつのは早いもの Funny How Time Slips Away ウィリー・ネルソン 4:32
6. 70/6/7 知りたくないの I Really Don't Want to Know Howard Barnes, Don Robertson 2:59

B面[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 70/6/8 淋しき足音(No.1) There Goes My Everything Dallas Frazier 3:10
2. 70/6/5 イッツ・ユア・ベイビー It's Your Baby You Rock It Shirl Milete, Nora Fowler 3:04
3. 70/6/4 ザ・フール The Fool Naomi Ford, Lee Hazlewood 2:34
4. 70/6/7 色あせし恋 Faded Love Bob Wills, Johnnie Lee Wills 3:19
5. 70/6/7 マディ・ウォーター I Washed My Hands In Muddy Water Joe Babcock 3:54
6. 70/6/7 想い出のバラード Make the World Go Away Hank Cochran 3:46

ボーナス・トラック[編集]

Track 録音日 収録アルバム 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 70/6/6 ラヴ・レター・フロム・エルヴィス つのる恋の痛手 It Ain't No Big Thing (But It's Growing) Shorty Hall, Alice Joy Merritt, Neal Merritt 2:47
2. 70/6/4 ウォーク・ア・マイル・イン・マイ・シューズ ジ・エッセンシャル70’Sマスターズ ア・ハンドレッド・イヤーズ・フロム・ナウ A Hundred Years From Now Lester Flatt, Earl Scruggs 1:40
3. 70/6/8 ラヴ・レター・フロム・エルヴィス イフ・アイ・ワー・ユー If I Were You Gerald Nelson 3:01
4. 70/6/5 ラヴ・レター・フロム・エルヴィス ガット・マイ・モジョ・ワーキング~キープ・ユア・ハンズ・オフ・オブ・イット Got My Mojo Working / Keep Your Hands Off of It Preston Foster / エルヴィス・プレスリー 4:34
5. 70/9/22 ウォーク・ア・マイル・イン・マイ・シューズ ジ・エッセンシャル70’Sマスターズ 風に消えた恋 Where Did They Go, Lord Dallas Frazier, Arthur Leo Owens 2:27
6. 70/6/4 エルヴィス・ナウ おいらは何でも見ちゃったよ I Was Born About Ten Thousand Years Ago Traditional 3:13

レガシー・エディション[編集]

ディスク1[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 70/9/22 スノーバード Snowbird Gene MacLellan 2:17
2. 70/6/7 明日は来ない Tomorrow Never Comes Johnny Bond and Ernest Tubb 4:07
3. 70/6/4 一人ぼっちの山小屋 Little Cabin on the Hill Bill Monroe and Lester Flatt 1:58
4. 70/9/22 ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン Whole Lotta Shakin' Goin' On Dave "Curly" Williams and Sunny David 3:10
5. 70/6/7 時のたつのは早いもの Funny How Time Slips Away ウィリー・ネルソン 4:32
6. 70/6/7 知りたくないの I Really Don't Want to Know Howard Barnes and Don Robertson 2:59
7. 70/6/8 淋しき足音(No.1) There Goes My Everything Dallas Frazier 3:10
8. 70/6/5 イッツ・ユア・ベイビー It's Your Baby You Rock It Shirl Milete and Nora Fowler 3:04
9. 70/6/4 ザ・フール The Fool Naomi Ford and Lee Hazlewood 2:34
10. 70/6/7 色あせし恋 Faded Love Bob Wills and Johnnie Lee Wills 3:19
11. 70/6/7 マディ・ウォーター I Washed My Hands In Muddy Water Joe Babcock 3:54
12. 70/6/7 想い出のバラード Make the World Go Away Hank Cochran 3:46
13. 70/6/4 おいらは何でも見ちゃったよ I Was Born About Ten Thousand Years Ago Traditional 3:13
14. 70/6/4 ア・ハンドレッド・イヤーズ・フロム・ナウ A Hundred Years From Now Lester Flatt and Earl Scruggs 1:40
15. 70/9/22 風に消えた恋 Where Did They Go, Lord Dallas Frazier and Arthur Leo Owens 2:27

ディスク2[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 70/6/7 ラヴ・レター Love Letters Edward Heyman, Victor Young 2:53
2. 70/6/7 闇に消えた恋 When I'm Over You Shirl Milete 2:28
3. 70/6/8 イフ・アイ・ワー・ユー If I Were You Gerald Nelson 3:01
4. 70/6/5 ガット・マイ・モジョ・ワーキング Got My Mojo Working Preston Foster 4:36
5. 70/6/6 ローマの心 Heart of Rome Alan Blaikley, Ken Howard, Geoff Stephens 2:56
6. 70/6/8 オンリー・ビリーヴ Only Believe Paul Rader 2:50
7. 70/6/6 ふたりのワルツ(別れのダンス) This Is Our Dance Les Reed, Geoff Stephens 3:16
8. 70/6/4 シンディ・シンディ Cindy, Cindy Dolores Fuller, Buddy Kaye, Ben Weisman 2:32
9. 70/6/5 アイル・ネヴァー・ノウ I'll Never Know Fred Karger, Sid Wayne, Ben Weisman 2:25
10. 70/6/6 つのる恋の痛手 It Ain't No Big Thing (But It's Growing) Shorty Hall, Alice Joy Merritt, Neal Merritt 2:49
11. 70/6/6 ライフ Life Shirl Milete 3:10
12. 70/6/4 君のすすり泣き The Sound Of Your Cry Bill Giant, Bernie Baum, Florence Kaye 3:17
13. 70/6/8 シルヴィア Sylvia Geoff Stephens, Les Reed 3:18
14. 70/9/22 心は王様 Rags To Riches Richard Adler, Jerry Ross 1:54

参加ミュージシャン[編集]

1970年6月4日~8日ナッシュヴィル・セッション[編集]

  • エルヴィス・プレスリー - Elvis Presley - ヴォーカル、ギター
  • ジェームズ・バートン - James Burton - リード・ギター
  • チップ・ヤング - Chip Young - リズム・ギター
  • デヴィッド・ブリッグス - David Briggs - ピアノ、オルガン
  • ノーバート・パットナム - Norbert Putnam - ベース
  • ジェリー・キャリガン - Jerry Carrigan - ドラム
  • チャーリー・マッコイ - Charlie McCoy - オルガン、ハーモニカ
  • ファーレル・モリス - Farrell Morris - パーカッション、ヴィブラフォン
  • ウェルドン・マイリック - Weldon Myrick - ペダル・スティール・ギター
  • ザ・ジョーダネアーズ - The Jordanaires - バッキング・ヴォーカル
  • ジ・インペリアルズ - The Imperials - バッキング・ヴォーカル
  • ボビー・トンプソン - Bobby Thompson - バンジョー on "Little Cabin on the Hill"
  • バディ・スピチャー - Buddy Spicher - フィドル on "Little Cabin on the Hill"

1970年9月22日ナッシュヴィル・セッション[編集]

  • エルヴィス・プレスリー - Elvis Presley - ヴォーカル、ギター
  • エディ・ヒントン - Eddie Hinton - ギター
  • チップ・ヤング - Chip Young - リズム・ギター
  • デヴィッド・ブリッグス - David Briggs - ピアノ、オルガン
  • ノーバート・パットナム - Norbert Putnam - ベース
  • ジェリー・キャリガン - Jerry Carrigan - ドラム
  • チャーリー・マッコイ - Charlie McCoy - オルガン、ハーモニカ
  • ザ・ジョーダネアーズ - The Jordanaires - バッキング・ヴォーカル(9月22日、23日に録音に参加したが最終的にはカット)

オーバーダビング[編集]

  • ハロルド・ブラッドリー - Harold Bradley - シタールギター
  • Joe Babcock - バッキング・ヴォーカル
  • Millie Kirkham - バッキング・ヴォーカル
  • Mary Holladay - バッキング・ヴォーカル
  • Ginger Holladay - バッキング・ヴォーカル
  • June Page - バッキング・ヴォーカル
  • Sonja Montgomery - バッキング・ヴォーカル
  • Dolores Edgin - バッキング・ヴォーカル
  • Mary Greene - バッキング・ヴォーカル
  • Temple Riser - バッキング・ヴォーカル
  • Cam Mullins - string arrangements
  • Don Tweedy - string arrangements
  • Bergen White - horn arrangements

脚注[編集]

  1. ^ エルヴィス・カントリー(BVCM-31046) ライナーノーツ3P