エルンスト2世 (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト2世(Ernst II, 1564年12月31日 - 1611年3月2日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、リューネブルク(在位:1592年 - 1611年)。リューネブルク侯ヴィルヘルムと妃ドロテアの長男。クリスティアンアウグスト1世フリードリヒ4世ゲオルクの兄。

初めヴィッテンベルク大学で学び、次いでライプツィヒストラスブールへ赴いたが、父の健康が悪化、ツェレへ引き返した。1592年、父の死により侯爵位を継承した。即位後は弟のクリスティアンと8年間権力を分け与えるよう貴族達と条約を結んだが、その後は死ぬまで単独で統治した。父からは借金も引き継いだため、その返済に奔走した。子が無く、1611年の死後、クリスティアンが次の侯爵となった。

爵位・家督
先代:
ヴィルヘルム
リューネブルク
1592年 - 1611年
次代:
クリスティアン