エルンスト2世 (シュヴァーベン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト2世(Ernst II, 1010年頃 - 1030年8月17日)はシュヴァーベン大公(在位:1015年 - 1030年)。バーベンベルク家シュヴァーベン大公 エルンスト1世とシュヴァーベン大公ヘルマン2世の娘ギーゼラの子。

父エルンスト1世はバーベンベルク家オーストリア辺境伯レオポルト1世(ルイトポルト1世)の子であるが、コンラディン家の最後のシュヴァーベン大公ヘルマン3世の姉妹ギーゼラと結婚し、1012年にヘルマン3世が嗣子なく没したのちに、シュヴァーベン大公位をドイツ王ハインリヒ2世より受けた。 母ギーゼラはエルンスト1世の死後、ザーリアー家コンラート2世と再婚した。コンラート2世が1024年ドイツ王に選出され、エルンスト2世は王の義子の立場となった。しかし、エルンスト2世は、国王選挙でコンラート2世に敗れたケルンテン公コンラート2世(皇帝の従弟)、ヴェルフ家レヒライン伯ヴェルフ2世などとともに皇帝に対し反乱を企てた。エルンスト2世は王国会議で追放刑を受け、1030年にファルケンシュタイン城近くで戦死した。エルンスト2世には独身で嗣子がおらず、シュヴァーベン大公位は弟のヘルマン4世が継いだ。

参考文献[編集]

  • 成瀬 治 他 編『世界歴史大系 ドイツ史 1』山川出版社、1997年
先代:
エルンスト1世
シュヴァーベン公
1015年 - 1030年
次代:
ヘルマン4世