エルンスト・ヤンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ヤンドルとフリーデリケ・マイレッカー、1974年

エルンスト・ヤンドル(Ernst Jandl、1925年8月1日 - 2000年6月9日)は、オーストリアの前衛詩人。ウィーンに生まれる。18歳で従軍しアメリカ軍の捕虜を経験、終戦後はウィーン大学でドイツ文学と英文学を学び、ドイツ文学の博士を取得した。高校教師をしながら1952年より詩の発表をはじめ、1956年に最初の詩集『別の目』を刊行。当初は伝統的な詩形に則っていたが、その後「具体詩」の影響のもと単語を視覚的に並べた詩や、音声、息などを組み込んだ朗読用の詩などの実験詩を数多く作った。放送劇の脚本も書き、1954年より同棲していた同郷の詩人フリーデリケ・マイレッカーとの共作『五人の人間』(1968年)は高い評価を受けた。そのほかガートルード・スタインジョン・ケージなどの翻訳も行なっている。

参考文献[編集]

  • 柴田翔編 『はじめて学ぶドイツ文学史』 ミネルヴァ書房、2003年