エルンスト・カシミール・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・カシミール・ファン・オラニエ=ナッサウ(Ernst Casimir van Oranje-Nassau, 1822年5月21日 - 1822年10月22日)は、オランダの王族。全名はヴィレム・アレクサンダー・フレデリック・エルンスト・カシミールWillem Alexander Frederik Ernst Casimir)。オランダ王ヴィレム2世の四男。

エルンスト・カシミールは1822年5月21日オラニエ公ヴィレム(後のオランダ王ヴィレム2世)とその妃であったロシア皇帝パーヴェル1世の皇女アンナの間に第四子としてスーストダイク宮殿ユトレヒト州バールン)で生まれた。6月18日アムステルダム新教会洗礼を受けたが、水頭症のため10月22日ブリュッセルで死去した。満1歳にもなっていなかった。