エルムの街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルムの街
ELM
エルム・イトーヨーカドー正面
エルム・イトーヨーカドー正面
店舗概要
正式名称 エルムの街ショッピングセンター
所在地 038-0006
青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1
北緯40度47分55.3秒 東経140度27分14.3秒 / 北緯40.798694度 東経140.453972度 / 40.798694; 140.453972座標: 北緯40度47分55.3秒 東経140度27分14.3秒 / 北緯40.798694度 東経140.453972度 / 40.798694; 140.453972
開業日 1997年(平成9年)11月20日
施設所有者 五所川原街づくり株式会社
施設管理者 五所川原街づくり株式会社
商業施設面積 37,058m2
中核店舗 イトーヨーカドー 五所川原店
営業時間 10:00 - 21:00
(一部店舗をのぞく)
外部リンク 公式サイト
イトーヨーカドー
テンプレートを表示

エルムの街(エルムのまち)は、青森県五所川原市にある、複合型大型ショッピングセンター。キーテナントはイトーヨーカドー五所川原店。地域住民からは「エルム」と言われている。

概要[編集]

1992年(平成4年)に隣接する柏村にイオン柏ショッピングセンター(現イオンモールつがる柏)が開業して[1]五所川原市の商業環境が大きく変化[2]し始めたことに危機感を抱いた当時の地元商業界のリーダーの中三中村伸太郎会長が五所川原店の会長室に地元の商業者を集めて町の将来を考える勉強会を開いて従来ライバル意識から交流が少なかった商店主達をまとめ上げ[2]、大局的な見地から消費者が市外へ流出するのを避けようという意識が芽生えた地元の商店主達が[2]、市などが出資して作った第三セクターの五所川原街づくり株式会社を設立して開設した地元主導型のショッピングセンターで[2]、かつ青森県津軽地方で最大規模のショッピングセンターでもある。

地元商店主達の目論見どおり、消費者の市外への流出を食い止めたのみならず、商圏は五所川原市内だけでなく、青森市や津軽地方全体にまで及ぶほど成功し、現在では五所川原市の商業の中心を担っている。近年でもその勢いは衰えを見せず、ICが至近の距離にある津軽自動車道(無料開放)の延伸もあり、土日を中心に多数の来客を誇る。五所川原・弘前・青森の広域圏をあわせれば50万人超の規模を誇るマーケットとなっていて、スターバックスが青森県内初の店をオープンさせたことでも有名である。

しかし、キーテナントとして地元の3大百貨店の一つだった「マルキ飛島」の提携先だったイトーヨーカドーを招致したため五所川原市中心市街地の核店舗の一つだった「マルキ飛島」が閉店し[1]、その結果、地元百貨店の「中三」が中心市街地に残った最後の大型店となって集客力が衰えて売上が激減して[1]、創業の地であるにもかかわらず五所川原店を2006年(平成18年)1月22日に閉店する[2]など中心市街地の商業集積に壊滅的な打撃を自ら与える格好となった。

名前の由来[編集]

「エルム」とは、五所川原市の市木「ハルニレ」の英語名である。

テナント[編集]

メインテナント[編集]

青森銀行エルムの街支店(2009年5月)
以下は本屋とは独立した建物にある。

ELM専門店[編集]

青森県初出店のスターバックス(2010年9月)

専門店の詳細情報は公式サイト「専門店リスト」を参照。

津軽ラーメン街道[編集]

北東北初のナムコがプロデュースするフードテーマパーク。昔ながらの素朴な店舗、各地で人気の店舗が入れ替わりで出店する。

ELM新鮮市場[編集]

青森県内で獲れた新鮮な海産物や、乾物惣菜などを取り扱う。駅前市場のような、小さな商店が集まった形になっている。

ATMコーナー[編集]

  • 専門店入口近く(「焼肉ダイニング みらい」向かい):いずれも各2台。
  • イトーヨーカドー西側中央入口近く
    • セブン銀行本店 イトーヨーカドー五所川原店共同出張所:1台

閉店したテナント[編集]

  • スーパーセンタープライス
    • 青森・秋田県内で店舗を展開していた地場の家具専門店「キノシタ」(本社・青森市)が運営していたが、2006年5月31日の事業停止に伴い閉鎖(後に破産申請)した。テナント跡には「ゼビオ」と「ニトリ」及び本屋から移転した「ザ・ダイソー」[3]が入居している。

近隣[編集]

アクセス[編集]

バス[編集]

  • 五所川原駅より弘南バス商店街循環バス「立佞武多号」で約10分。
    • 「立佞武多号」以外の商店街循環バスについては、弘南バス五所川原営業所への問い合わせか、弘南バスホームページを参照する事。

自動車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “中三・五所川原店/基盤強化へ苦渋の選択”. 東奥日報 (東奥日報社). (2005年6月12日) 
  2. ^ a b c d e “中心街のあすは・五所川原中三閉店(上)商都の象徴・近代的商業の先駆け”. 陸奥新報 (陸奥新報社). (2006年1月20日) 
  3. ^ 本屋内の「ザ・ダイソー」跡地には「無印良品」が入る。

関連項目[編集]

  • 中三 - 五所川原で創業した百貨店で、「エルムの街」が誕生する切っ掛けとなった勉強会を元会長が開催

外部リンク[編集]