エルベの誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルベの誓い(エルベのちかい)は、第二次世界大戦末期の1945年4月25日に、ナチス・ドイツを壊滅させるために東進を続ける連合国アメリカ軍と、西進を続けるソ連赤軍ドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸、ザクセン州トルガウ(Torgau)で初めて出会った事件を指す[1]。これはベルリン陥落の一週間前であり、トルガウはドレスデンマクデブルクのほぼ中間点にあり、終戦後は東ドイツに属していた。

概要[編集]

1945年4月25日午前11時25分に、トルガウの南20㎞の小村シュトレーラで、アメリカ陸軍第1軍の第69歩兵師団第273歩兵連隊第2大隊G中隊の哨戒隊が、馬に乗った1人のソ連兵に出会い、始めて西部と東部の戦線が繋がった。その後の午後4時に、トルガウで同連隊第1大隊の情報将校のウィリアム・D・ロバートソン中尉の率いる偵察隊が、ソ連軍第1ウクライナ方面軍第5親衛軍の狙撃兵連隊の一部と出会い、こちらが「トルガウの出会い」又は「エルベの誓い」として有名になった[2]

この事件はソビエト連邦では「エルベ川の出会い」(ロシア語: Встреча на Эльбе, tr. Встреча на Эльбе}と呼ばれ、また同名の映画(監督はグリゴーリー・アレクサンドロフ、音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ)が作られていて、[3] [4] アメリカ合衆国では「エルベ・デイ」(Elbe Day)として記憶されていて、日本ではこのソ連映画の最後に両軍代表が平和を誓いあうシーンから、通常「エルベの誓い」と呼ばれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 早乙女勝元『母と子で見るエルベの誓い』(草の根出版会、2001年)
  2. ^ 第2次大戦 欧州戦史シリーズ『ベルリン攻防戦』学習研究社、1999年 p.30-31 ISBN 4-05-602060-4
  3. ^ 『エルベの邂逅』の音楽1
  4. ^ 『エルベの邂逅』の音楽2