エルビト・サラバリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Erbito Salavarria
基本情報
階級 フライ級
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 1946年1月20日(68歳)
出身地 マニラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 54
勝ち 40
KO勝ち 11
敗け 11
引き分け 3
テンプレートを表示

エルビト・サラバリアErbito Salavarria、男性、1946年1月20日 - )は、フィリピンの元プロボクサーマニラ出身。元WBCおよびWBA世界フライ級チャンピオン。巧みなカウンターパンチを武器に、世界フライ級タイトルを2度獲得した。

来歴[編集]

1963年にデビュー。1967年5月13日、リック・マグラモを12回判定に破りフィリピンのフライ級王座を獲得。同年10月14日にマグラモとの再戦に敗れタイトルを失うが、翌年8月17日に再びマグラモからタイトルを奪還した。1969年10月18日には中村剛への再度のチャレンジが実り、12回TKOで東洋フライ級王座を獲得している。

翌1970年12月7日、チャチャイ・チオノイの持つWBC世界フライ級王座に挑戦し、2回KO勝ちで世界王座を獲得した。翌1971年4月30日にマニラで行われた初防衛戦では、花形進の前進をストレートパンチで阻み、15回判定で勝利した。しかし、同年11月20日のベツリオ・ゴンザレスとの2度目の防衛戦でドーピングによる失格負けを宣せられ、王座を剥奪された。同王座は1972年6月3日に王座決定戦でゴンザレスが獲得した。

1973年2月9日、ゴンザレスから強打者ベニス・ボーコーソーの手に移ったWBC同王座に挑むが判定負け。

1975年4月1日、富山県で花形進のWBA世界フライ級王座に挑戦、2対1の判定で勝利、2度目の世界王座を獲得した。同年10月17日、花形を再び僅差の判定に退け、初防衛に成功したものの、1976年2月27日、アルフォンソ・ロペスに15回判定で敗れて2度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
チャチャイ・チオノイ
第9代WBC世界フライ級王者

1970年12月7日 - 1972年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ベツリオ・ゴンザレス
前王者
花形進
第42代WBA世界フライ級王者

1975年4月1日 - 1976年2月27日

次王者
アルフォンソ・ロペス