エルネスト・パングー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルネスト・パングー
Ernest Pingoud
1921年撮影}
1921年撮影
基本情報
出生 1887年10月14日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
死没 1942年6月1日(満54歳没)
フィンランドの旗 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
学歴 サンクトペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

エルネスト・パングーErnest Pingoud, 1887年10月14日 - 1942年6月1日)はフィンランド作曲家。両親はアルザス地方出身である。

サンクトペテルブルク出身。サンクトペテルブルク音楽院アレクサンドル・グラズノフニコライ・リムスキー=コルサコフに師事。1906年ドイツに留学しマックス・レーガーのもとで学んだ。彼はフィンランドでモダニズム音楽を書いた最初の作曲家で、生涯を通じて大衆から評価されなかった。1918年ヘルシンキで行われた彼の最初の演奏会は、イーゴリ・ストラヴィンスキーの「春の祭典」が1913年パリで初演された時のように、聴衆に衝撃を与えた。以後、彼の音楽への敵意に悩まされることになった。1942年にヘルシンキで自殺。今日では作品は再評価され、演奏の機会を与えられている。

文献[編集]

  • Suomalaisia säveltäjiä (toimittanut Erkki Salmenhaara), Otava 1994
  • Ilmari Heikinheimo: Suomen elämäkerrasto. Helsinki: Werner Söderström Osakeyhtiö, 1955. Sivut 585-586.