エルナンド・シレス競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルナンド・シレス競技場
Hernando Siles Stadium - La Paz.jpg
施設情報
所在地 ボリビア ラパス
位置 南緯16度29分58秒
西経68度7分22秒
座標: 南緯16度29分58秒 西経68度7分22秒
開場 1931年
ピッチサイズ 105m × 68m
建設費 95,000,000
設計者 ホセ・L・デルピニ
使用チーム、大会
ザ・ストロンゲストクラブ・ボリバル、ラパスFC
収容能力
45,000人

エルナンド・シレス競技場(Estadio Hernando Siles)またはラパスオリンピック競技場(Estadio olímpico de La Paz)は、ボリビア最大の総合競技場である。

概要[編集]

この競技場はラパス市のミラフローレス地区にあり、海抜は3,577m、世界一高い場所にある公的な競技場である。スタジアム名称はボリビア第31代大統領エルナンド・シレス・レイェス1926年-1930年在任)にちなんで命名された。収容人員数は45,000名ですべての観客が着席して観戦できる。

1931年に開場し、開幕試合はザ・ストロンゲスト対ウニベルシタリオ(ザ・ストロンゲストのかつての宿敵)で、ザ・ストロンゲストが4対1で勝利した。ボリビアサッカーリーグの3チームがホームグラウンドとしている(ザ・ストロンゲストクラブ・ボリバル、ラパスFC)。

ボリビアのサッカー史において最も重要な役割を果たした競技場で、1963年コパ・アメリカでボリビアが優勝した際の舞台であり、また、1993年W杯南米予選でボリビアがブラジルに勝利したのもこの競技場においてであった。

2007年5月までは、国際サッカー連盟 (FIFA)はワールドカップ予選競技場として認めていたが、ビジターとしてこの競技場に来るチームが、試合までの数日で高地順応しなければいけないのは公平さに欠けると抗議をしたため、2007年5月27日にFIFAは「標高2,500m以上の競技場で試合をしてはいけない」と発表した[1]

エボ・モラレスボリビア大統領を含む幾人かはこれに反発し、南米高地、特にアンデス地域に対する差別であると訴えた[2] 。以降、エルナンド・シレスの名前は、FIFAの高地試合拒否に対するボリビアの戦いを象徴するものとなった。約1ヶ月に渡る抗議行動の結果、2007年7月27日にFIFAは標高制限を2,500mから3,000mに引き上げた。さらにその翌日、エルナンド・シレス競技場は特例として2014年ワールドカップ予選会場として認めると発表した。なお、この抗議行動の一環として、モラレス大統領は標高6,500m以上あるサハマ山の山頂でサッカーをするというデモンストレーションを行なった[3]

出典[編集]