エルズワース・ハンティントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルズワース・ハンティントン
Ellsworth Huntington
人物情報
生誕 1876年9月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州ゲイルスバーグ
死没 1947年10月17日(満71歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学、イェール大学
学問
研究分野 地理学
経済学
研究機関 イェール大学
主な業績 環境決定論経済成長論
影響を
与えた人物
ウィリアム・モーリス・ディヴィス
テンプレートを表示

エルズワース・ハンティントン(Ellsworth Huntington、1876年9月16日1947年10月17日)は、アメリカ合衆国地理学者経済学者20世紀初頭のイェール大学地理学教授を務め、環境決定論経済成長論経済地理学研究で知られる。1917年アメリカ生態学会Ecological Society of America)の会長1923年アメリカ地理学会の会長、1934年から1938年にかけてアメリカ優生学協会理事長を務めた。地形輪廻で知られるウィリアム・モーリス・ディヴィスの弟子である[1]

経歴[編集]

ハーバード大学とイェール大学で地質学を修める[2]1897年から1901年にかけてトルコのユーフラテス・カレッジ(Euphrates College)で教鞭を執り、1903年にラファエル・パンペリー(Pumpelly)と、1905年から1906年にバレット(Barrett)とともに中央アジアの探検に出かけた。その体験は『トルキスタンでの探検』(Explorations in Turkestan1905年刊)と『アジアの鼓動』(The Pulse of Asia、1907年刊)に綴られている。1907年からはイェール大学で地理学の授業を担当し、1915年まで続け、1917年からは同学の研究員として気候学人文地理学(人類地理学)の研究に主に時間を費やした。1920年になるとハンティントンの著書『アジアの鼓動』(The Pulse of Asia)を読んで数学よりも地理学への興味が高まっていたリチャード・ハーツホーンとの文通が始まり、ハーツホーンにコロンビア大学ペンシルベニア州立大学シカゴ大学のいずれかで地理を専攻することを薦め、ハーツホーンはシカゴ大学大学院に進んだ[3]。この時、ハンティントンがイェール大学に来ることを薦めなかったのは、1915年にイェール大学が地理学科を閉鎖し、地理学の教授がハンティントン一人になったためである[3]

1909年、ハンティントンはパレスチナへのイェール大学の探検隊を率いた。これは、彼の研究課題であった「地質構造、地形形成、現在と過去の気候が人類の進歩と歴史を規定する着実なプロセスと、いかなる物理的環境下においてもほとんど起こり得ない思想システムの発達における無数の部分がこのようにして展開されること」を証明すること[4]、すなわち環境決定論の確証をつかむことを目的としていた。

1941年よりハンティントンはサイクル研究財団(Foundation for the Study of Cycles)の創立時の委員となった。

環境決定論で知られるハンティントンではあるが、晩年には「気候変動は文明の興亡の一条件にすぎない」と述べている[5]

著作[編集]

カリフォルニア州ミルスプリングで木の年輪を研究するハンティントン(1911年)
  • 『アジアの鼓動:歴史の地理学的基礎で綴る中央アジア旅行』(The Pulse of Asia: A Journey in Central Asia Illustrating the Geographic Basis of History)1907年
  • 『パレスチナとその変化』(Palestine and Its Transformation1911年
  • "気候と歴史の変動"(Changes of Climate and History)American Historical Review.18(2):213-232, 1913年
  • 『気候要素』(The Climatic Factor1914年
  • 『文明と気候』(Civilization and Climate1915年1924年再版
    • 日本語訳書
  • "気候変動ローマ陥落の要素としての農業的消耗"(Climatic Change and Agricultural Exhaustion as Elements in the Fall of Rome)Quarterly Journal of Economics.31(2):173-208, 1917年
  • 『インディアンの大陸:アメリカ原住民年代記』(The Red Man's Continent: A Chronicle of Aboriginal America1919年
  • 『世界的強国と発展』(World-power and Evolution)1919年
  • 『気候変動』Climatic Changes、Stephen Sargent Visherとの共著)1922年
  • 『人種の特徴』(The Character Of RacesISBN 040509955X 1924年
  • 太平洋の西』(West of the Pacific1925年
  • 『人類の居住地』(Human Habitat) (1927)
  • "農業生産性と人口の圧力"(Agricultural Productivity and Pressure of Population)Annals of the American Academy of Political and Social Science(International Tensions).198:73-92, 1938年
  • 『人文地理学の原理』(Principles of Human Geography、S. W. Cushingとの共編)1940年
  • "人間生産性の地理学"(The Geography of Human Productivity)Annals of the Association of American Geographers.33(1):1-31, 1943年
  • 『文明の推進力』(Mainsprings of Civilization1945年

関連文献[編集]

  • Fonaroff, L. Schuyler (1965) "Was Huntington Right about Human Nutrition?" Annals of the Association of American Geographers.55(3):365-376.
  • Martin, Geoffrey J. (1973) "Ellsworth Huntington: His Life and Thought"
  • Spate, O. H. K. (1974)"Ellsworth Huntington: A Geographical Giant: Review," Geographical Journal.140(1):117-119.

脚注[編集]

  1. ^ 竹内・杉浦 編(2001):311ページ
  2. ^ 杉浦ほか(2005):36ページ
  3. ^ a b 竹内・杉浦 編(2001):81ページ
  4. ^ http://www.library.yale.edu/judaica/exhibits/webarch/front/Huntingtoncollection.html
  5. ^ 木内信蔵"書評:経済地理学の課題としての環境"(2011年7月27日閲覧。)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]