エルジンジャン地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルジンジャン地震
エルジンジャン地震の位置
本震
発生日 1939年12月27日
発生時刻 午前1時57分(現地時間)
規模    マグニチュード(M)7.8
被害
死傷者数 死者32962人、負傷者約10万人
被害地域 トルコの旗 トルコ
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

エルジンジャン地震(エルジンジャンじしん)[1][2][3]は、1939年12月27日午前1時57分(現地時間)、トルコ東部エルズィンジャン県で発生したマグニチュード7.8の地震である。死者約3万3000人、負傷者約10万人、家屋損壊約11万7000件にのぼる、同国史上最も甚大な被害をもたらした震災であった。[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台 編集『理科年表 平成24年版』、丸善、2011年、ISBN 978-4621084380.
  2. ^ 宇津徳治 ほか 編集『地震の事典』第2版、朝倉書店、2001年、ISBN 4254160399.
  3. ^ 力武常次 監修『近代世界の災害』、国会資料編纂会、1995年、ISBN 4-906474-04-7.
  4. ^ Major Turkish Earthquakes of the 20th Century”. Buffalo, NY: MCEER (2010年). 2013年4月16日閲覧。
  5. ^ Ranguelov, Boyko. “The Erzincan 1939 Earthquake”. Second Balkan Geophysical Conference and Exhibition. 2013年4月16日閲覧。