エルウッド・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルウッド・スタンリー・ブラウン1883年4月9日1924年3月24日)は、アメリカ合衆国バスケットボール指導者。極東選手権競技大会の生みの親として、日本では有名である。

1883年4月9日、アイオワ州チェロキー郡にて生まれた。1905年1906年にかけてイリノイ大学のバスケットボールチームの監督になった。しかし、監督しての成績は、6勝8敗(ビッグ・テン・カンファレンスに限ると3勝6敗)と振るわなかった。

エルウッド・ブラウンは、フィリピンの(当時はアメリカ合衆国植民地のフィリピン自治領英語版)の体育連盟会長として、極東選手権競技大会と第一次世界大戦連合国間競技大会英語版の開催・発展に努めたのが彼の功績とされる[1]。アメリカのYMCAからフィリピン(マニラ)に体育指導者として派遣されていた[2]彼は、1910年にフィリピンにバレーボールとバスケットボールを伝える事にも貢献した[3][4]

フィリピンにおけるボーイスカウト運動のパイオニアとしても活躍した。

1924年3月24日に合併症による心臓発作により、死去。40歳の若さだった。

脚注[編集]