エリー・ドゥカズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリー・ドゥカズ

初代ドゥカズ公爵(ドゥカズ伯爵から昇爵)、初代グリュックスボー公爵、エリー・ルイ・ドゥカズ(Élie Louis Decazes, 1788年 - 1860年10月24日)は、フランス王党派政治家。

穏健な政策をとり、極端に走ることは避けたフランス復古王政期の首相である。1818年、デンマークフレゼリク6世によってデンマーク貴族グリュックスボー公爵(hertug af Glücksborg)の称号を授けられた。これはエリーの2度目の妻ヴィレルミーヌがナッサウ=ザールブリュッケン公ヴィルヘルム(en)の子孫であった縁からである。ヴィレルミーヌの伯母であるアンナ・カロリーネはスレースヴィ=ホルステン=セナーボー=グリュックスボー公フレゼリク・ヘンリク(da)の未亡人で、子が授からず、姪ヴィレルミーヌの後見を務めていた。アンナ・カロリーネは姪のために、当時伯爵でフランス貴族であったドゥカズとの良縁を望んだ。そして姪の将来の配偶者に公爵の称号が得られるよう、デンマーク王に働きかけたのである。

1820年2月、アルトワ伯(後のシャルル10世)の次男ベリー公シャルルが暗殺された事件を契機に失脚した。

1822年2月20日にフランス貴族ドゥカズ公爵(Duc Decazes)となった。

先代:
ドゥソル侯爵ジャン=ジョセフ
フランスの首相
1819年 - 1820年
次代:
リシュリュー公