エリーザベト・ヘレーネ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイセン辺境伯夫人エリーザべト・ヘレーネ

エリーザベト・ヘレーネ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスElisabeth Helene von Thurn und Taxis, 1903年12月15日 ザンクト・エメラム修道院宮殿(Schloss-Kloster Sankt Emmeram)、レーゲンスブルク - 1976年10月22日 ミュンヘン)は、ドイツの旧諸侯トゥルン・ウント・タクシス家の侯女で、ザクセン王家家長のマイセン辺境伯フリードリヒ・クリスティアンの妻。全名はエリーザベト・ヘレーネ・マリー・ヴァレリー・フランツィスカ・マクシミリアーネ・アントーニエ(Elisabeth Helene Maria Valerie Franziska Maximiliane Antonie)。

トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルトとその妻でオーストリア大公ヨーゼフ・カールの娘のマルガレーテ・クレメンティーネの間の第6子、長女として生まれた。1923年6月16日にレーゲンスブルクにおいて、元ザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の次男で家督継承者だったフリードリヒ・クリスティアン王子と結婚した。慈善活動と聖ヨハネ騎士団の福祉事業支援に尽くした。1976年に亡くなり、チロル地方の小村ケーニヒスカペレ(Königskapelle)のザクセン王家の墓所に葬られた。

子女[編集]

  • マリア・エマヌエル(1926年 - 2012年) - ザクセン王家家長
  • マリア・ヨーゼファ(1928年 - )
  • アンナ(1929年 - 2012年) - 1953年、レバノン貴族のゲッサフェ公子ロベルト・ド・アフィーフと結婚
  • アルブレヒト・ヨーゼフ(1934年 - 2012年) - ザクセン王家家長
  • マティルデ(1936年 - ) - 1968年、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子およびコハーリ侯ヨハン・ハインリヒと結婚

外部リンク[編集]