エリーザベト・フォン・ハプスブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・フォン・ハプスブルク

エリーザベト・フォン・ハプスブルク(Elisabeth von Habsburg)またはエリーザベト・フォン・エスターライヒ(Elisabeth von Österreich, 1437年頃 - 1505年8月30日)は、ポーランド王およびリトアニア大公であるカジミェシュ4世の妃。ポーランド語名はエルジュビェタ・ラクシャンカ(Elżbieta Rakuszanka)。神聖ローマ皇帝アルブレヒト2世ボヘミア王ハンガリー王オーストリア公を兼ねた)と妃エリーザベト・フォン・ルクセンブルク(同じく皇帝と2つの王位を兼ねたジギスムントの娘)の次女。姉にテューリンゲン方伯ヴィルヘルム3世夫人アンナ、弟にオーストリア公を継承し、2つの王位にもついたラディスラウスがいる。

1454年にカジミェシュ4世と結婚し、2人の間には、曾祖父・祖父・叔父と同様にボヘミアとハンガリーの王を兼ねたウラースロー2世、相次いでポーランド王位を継承したヤン1世アレクサンデルジグムント1世ら13人の子が生まれた。

子女[編集]