エリ・エリ・レマ・サバクタニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリ・エリ・レマ・サバクタニ
Eli, Eli, Lema Sabachthani?
監督 青山真治
脚本 青山真治
製作総指揮 仙頭武則
出演者 浅野忠信
宮崎あおい
音楽 長嶌寛幸
撮影 たむらまさき
製作会社 TOKYO FM
バップ
ランブルフィッシュ
配給 ファントム・フィルム
公開 フランスの旗 2005年5月18日CIFF
日本の旗 2006年1月28日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エリ・エリ・レマ・サバクタニ』は、青山真治監督による2006年日本映画TOKYO FM開局35周年記念作品。第58回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品作品。

タイトルの「Eli, Eli, Lema Sabachthani?」とは、ヘブライ語で「神よ、何ゆえに我を見捨てたもうや」という意味で、イエス・キリストが処刑される際に言った言葉である。森敦の短編集『意味の変容』の一編から着想を得ている。主な撮影は北海道で行われた。挿入曲として、ギャヴィン・ブライアーズ「Jesus' Blood Never Failed Me Yet」とナンシー・シナトラ「The End」が使われている。さらに、筒井康隆が「東京節」を歌っているシーンもある。

ストーリー[編集]

2015年。映像を通じて感染するレミング病というウィルスによって、世界中で多くの人間が自殺していた。富豪のミヤギ(筒井康隆)は、息子夫婦をレミング病で失い、孫娘のハナ(宮崎あおい)もレミング病に侵されていた。探偵のナツイシ(戸田昌宏)に調査を依頼したところ、ミズイ(浅野忠信)とアスハラ(中原昌也)の奏でる音楽には発病を抑える効果があるのだとわかる。ミヤギとハナとナツイシは、二人が食事に立ち寄っているナビ(岡田茉莉子)のペンションを訪れる。ミヤギは、孫娘のために演奏してほしいと二人に頼むものの、あっさりと断られる。ミズイにはエリコ(エリカ)という恋人がいたのだが、レミング病に感染した彼女が彼の目の前で自殺して以来、ミズイとアスハラは隠棲生活を続けていたのだ。そんな折、レミング病に感染していたアスハラが自殺する。ミズイはハナのために演奏することを承諾する。青空の下、目隠しをされたハナは、草原にそびえる4つの巨大なスピーカーに囲まれ、ミズイの奏でる大音量の音楽を全身で受け止める。その場に昏倒したハナがペンションで目を覚ますと、ミヤギとナツイシは先に帰ったのだとナビに告げられる。ハナは、しばらくはここで生きていこうと決意する。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]