エリ・エリ・レマ・サバクタニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリ・エリ・レマ・サバクタニ
Eli, Eli, Lema Sabachthani?
監督 青山真治
脚本 青山真治
製作総指揮 仙頭武則
出演者 浅野忠信
宮崎あおい
音楽 長蔦寛幸
撮影 たむらまさき
製作会社 TOKYO FM
バップ
ランブルフィッシュ
配給 ファントム・フィルム
公開 フランスの旗 2005年5月18日CIFF
日本の旗 2006年1月28日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エリ・エリ・レマ・サバクタニ』は、青山真治監督による2006年日本映画TOKYO FM開局35周年記念作品。第58回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品作品。

タイトルの「Eli, Eli, Lema Sabachthani?」とは、ヘブライ語で「神よ、何ゆえに我を見捨てたもうや」という意味で、イエス・キリストが処刑される際に言った言葉である。森敦の短編集『意味の変容』の一編から着想を得ている。主な撮影は北海道で行われた。挿入曲として、ギャヴィン・ブライアーズ「Jesus' Blood Never Failed Me Yet」とナンシー・シナトラ「The End」が使われている。さらに、筒井康隆が「東京節」を歌っているシーンもある。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]