エリム・ガラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリム・ガラックは、SFテレビドラマ『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に登場する人物の一人で、カーデシア人(演:アンドリュー・ロビンソン、日本語版での声:大川透)。

概要[編集]

ガラックはカーデシア・プライムに生まれカーデシアの情報組織であるオブシディアンオーダーの一員としてその長の右腕にまで上りつめる。この間ロミュラスにおけるカーデシアの大使館の庭師に身をやつしたこともあった。

しかしその後、オーダーの関わる重要人物の妻との不倫関係などのためカーデシア・プライムからは追放され、ディープ・スペース・ナインがまだカーデシア管理下のテロック・ノールであったころに移住し、仕立屋として暮らす。ベイジョー返還後もカーデシア人としては暮らしにくいディープ・スペース・ナインにたった1人で留まったのは、オーダーからの暗殺から逃れる為でもある。仕立屋として身をやつしているのは彼の本意ではないものの、まんざらでもない様子も感じさせる。

惑星連邦ベイジョーがディープ・スペース・ナインを管理下においてからは仕立屋として働きながら、カーデシアにおけるコンタクトと知識を利用して惑星連邦に助力を行ったが、同時にカーデシアのためのスパイ活動も行っていたと疑われている。

ジュリアン・ベシアとは友人関係となり、週に一度は昼食を共にする。元々おしゃべり好きな性格もあり、フェレンギ人クワークとも仲が良いようだ。 ガル・デュカットの娘ジヤルと恋愛関係となるが、彼女の死により終わりを告げた。

オブシディアンオーダーとロミュラン帝国の諜報組織タルシアーによるドミニオンを支配する創設者の惑星の攻撃に参加するが、その失敗の後は母国から追放されたもの同士としてオドーと友人になる。

ドミニオン戦争においてはカーデシアにおける惑星連邦の情報源となり、ロミュラン帝国を惑星連邦の味方にすることに成功する。戦争後半はU.S.S.ディファイアントに乗船して数々の作戦に参加する。最初はベンジャミン・シスコに嘆願して乗船していたが、その手腕を買われて正式なクルーとなったようだ。やがてカーデシアにおける反ドミニオン地下組織の一員としてドミニオン戦争の終結に寄与するが、その結果としてカーデシア・プライムは大きな被害を受ける。

性格[編集]

基本的には礼儀正しく穏やかだが、同時に一流の諜報員であった為か掴み所の無い部分もあり、組織のかつての上司にして父であったエナブラン・テインをして「嘘が通ればそれを突き通す」と言わしめるほど。その経歴から彼は本当の感情を滅多に表に出さない。それは親友や恋人、そして父親の前でもそうであったようだ。また非常におしゃべり好きで、クワークの店で良く彼と話をしたり、ベシアと文学について論議をする事を楽しんでいる。

閉所恐怖症を患っており、ジェムハダーの捕虜になった際、閉所で長時間の脱出作戦を行ってからは更に悪化した(ステーションの圧迫感から逃れる為エアロックから宇宙へ出ようとしたほど)。だがその恐怖症もエズリ・ダックスのカウンセリングやカーデシアの危機での多忙といった中で、徐々に緩和されたようである。

また、目的の為には旧知の間柄さえ躊躇無く殺害する冷徹な部分も持ち合わせており、カーデシア時代に険悪な間柄だったとはいえ旧知の間柄だったガル・トランや「いい奴」と評していたかつての同僚エンティックを手にかけている。

祖国からは追放された身だが、愛国者である。連邦の作戦に協力し、多数の同胞を手に掛ける裏切り者の汚名を負ってまで、祖国の為と信じ解放に尽力した。 追放した一人であるガル・デュカットを激しく嫌悪しているが、その愛国心の為クリンゴン軍からディープ・スペース・ナインに逃げてきたカーデシア評議員を守る際、彼と共闘した事もある。

尋問や拷問に対して独自の美学をもっており、暴力よりも効率的で効果的な物と言い切っている。実際オブシディアン・オーダー内ではその道の第一人者として知られていたようだ。

並行世界においてはカーデシア軍人として軍服を身にまとい、キラ・ネリスウォーフに面従腹背している。

経歴[編集]

  • カーデシアにおける反ドミニオン地下組織一員
  • テロック・ノール(後にディープ・スペース・ナイン)において仕立屋
  • オブシディアンオーダーの一員

家族[編集]

  • エナブラン・テイン (父)
  • ミラ (家政婦)

関連項目[編集]