エリナー・ファージョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリナー・ファージョン(1899年の写真)

エリナー・ファージョンEleanor Farjeon,1881年2月13日-1965年6月5日)は、イギリス児童文学作家詩人

ロンドン生まれ。父はユダヤ系作家のベンジャミン・ファージョン、母はアメリカ人女優の娘。家庭で教育を受け、膨大な父の蔵書と、家に訪れる数多くの芸術家達の会話によって、知識と想像力を養った。1916年に出版された子供向けの詩集『ロンドンのわらべうた』で作家として認められ、21年に発表した連作短編『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で童話作家としての地位を確立。以後、『年とったばあやのお話かご』(31年)、『町かどのジム』(34年)、『ガラスの靴』(44年)、『銀色のシギ』(49年)などの作品を次々と発表し、55年には自選短編集『ムギと王さま』でカーネギー賞国際アンデルセン賞を受賞。また、古いゲール民謡に詞を付け、31年に発表した賛美歌『世のはじめさながらに』は、71年にイギリスのシンガーソングライター、キャット・スティーブンスによって『Morning Has Broken(邦題「雨にぬれた朝」)』としてカバーされ大ヒットした。その他、『ファージョン自伝 -わたしの子供時代』(35年)、『エドワード・トマス、最後の四年』(58年)などのノンフィクションがある。

日本でも石井桃子らの訳によって早くから紹介され、良質で温かいユーモアを湛えた作風にはファンが多い。なお、イギリスでは彼女を記念して「エリナー・ファージョン賞」を制定し、毎年すぐれた児童文学作品を表彰している。

主な作品[編集]

  • 『ファージョン作品集(全7巻)』(石井桃子訳、岩波書店、1970-86年)
    • 『年とったばあやのお話かご』"he Old Nurse's Stocking Basket"
    • 『イタリアののぞきめがね』"Italian Peepshow"
    • 『ムギと王さま』"The Little Bookroom"
    • 『リンゴ畑のマーティン・ピピン』"Martin Pippin in the Apple Orchard"
    • 『ひなぎく野のマーティン・ピピン』"Martin Pippin in the Daisy Field"
    • 『銀のシギ』"The Silver Curlew"
    • 『ガラスの靴』"The Glass Slipper"
  • 『本の小べや(全2巻)』"The Little Bookroom"(石井桃子訳、岩波書店、2001年)
    • 『ムギと王さま』
    • 『天国を出ていく』
  • 『リンゴ畑のマーティン・ピピン』"Martin Pippin in the Apple Orchard"(石井桃子訳、岩波書店、2001年)
  • 『町かどのジム』"Jim at the Corner and Other Stories"(松岡享子訳、童話館出版、2001年)
  • 『マローンおばさん』"Mrs. Malone"(阿部公子・茨木啓子訳、こぐま社、1996年)
  • 『ねんねんネコのねるとこは』"Cats Sleep Anywhere"(まつかわまゆみ訳、評論社、1998年)
  • 『エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする』"Elsie Piddock Skips in Her Sleep"(石井桃子訳、岩波書店、2004年)
  • 『ファージョン自伝 -わたしの子供時代』"A Nursery in the Nineties"(広岡弓子・原山美樹子訳、 西村書店、2000年)
  • 『想い出のエドワード・トマス -最後の4年間』"Edward Thomas: The Last Four Years"(早川敦子訳、白水社、1993年)

外部リンク[編集]