エリック・ハイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Eric Heiden
エリック・ハイデン
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1958年6月14日(55歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗マディソン
 
獲得メダル
男子スピードスケート
オリンピック
1980 レークプラシッド 500m
1980 レークプラシッド 1000m
1980 レークプラシッド 1500m
1980 レークプラシッド 5000m
1980 レークプラシッド 10000m
世界オールラウンド選手権
1977 ヘーレンフェーン Allround
1978 ヨーテボリ Allround
1979 オスロ Allround
1980 ヘーレンフェーン Allround
世界スプリント選手権
1977 アルクマール 総合
1978 レークプラシッド 総合
1979 インツェル 総合
1980 ウェストアリス 総合

エリック・ハイデンEric Arthur Heiden1958年6月14日 - )はアメリカ合衆国スピードスケート選手、自転車競技選手、整形外科医。

プロフィール[編集]

アメリカ合衆国ウィスコンシン州マディソン出身。

1980年に地元で行われたレークプラシッドオリンピックにおいて、男子スピードスケートで500m、1000m、1500m、5000m、10000mの5種目すべてで金メダルを獲得する快挙を達成した、「パーフェクト・ゴールドメダリスト」。

また、妹のベス・ハイデンも女子3000mにて同大会で銅メダルを獲得し、兄妹そろって同大会でメダル獲得をした。

スケート引退後はウィスコンシン大学医学部を卒業、現在は整形外科医。

完全制覇までの道のり[編集]

挫折から無敵の存在へ[編集]

ハイデンは幼少時より、スポーツマニアの父により様々な競技をさせられていた。初めてスケートリンクに立ったのは3歳のときだったという。スピードスケートを本格的に始めた高校の時にはすぐに全米でもトップクラスの選手となり、世界ジュニアスプリントで2位に入った。しかし1976年、初めて挑戦したインスブルックオリンピックでは、500,1000mとも入賞すら果たせず、当時スケート大国であったソ連オランダ勢には遠く及ばなかった。

これを機にハイデンは地元のクラブの女性コーチダイアン・ホルム札幌オリンピックスピードスケート1500m金メダリスト)に頼み込んで独自の超ハードな練習を徹底的に行い、驚異的な肉体を身につけた。太ももの太さは74センチに達していたという。それでも本人もコーチも未知のトレーニング(オイルを塗った床の上ですべる練習やゴムチューブを巻きつけて引っ張り遠心力に耐える等)であったため、実際に成功に結びつくかは不安であり、またコーチもナショナルチームのコーチといった存在ではなく、単なる地元のスケート教室のトレーナーであったため、旅費を捻出できずにヨーロッパ遠征にも同行できないという状況であった。

しかし、結局ハイデンは1977年から1979年までスプリントオールラウンドの両世界選手権を連覇して正に無敵の存在となり、本場のヨーロッパ勢を唖然とさせることとなった。また、そのトレーニング方法も今日では普通にスピードスケートの選手が取り入れるポピュラーなものとなったのである。世界記録も何度も更新し、万全の体制で1980年、地元のレークプラシッドで行われる冬季オリンピックに望むこととなる。

史上唯一の完全制覇[編集]

1980年の冬季オリンピックレークプラシッド大会は、ハイデンが全種目制覇を達成するかに全世界の注目が集まった。地元アメリカの選手であり、21歳という若さにもかかわらずスピードスケートの頂点に君臨していたこと、また日程的にも種目間にインターバルが十分取れるということもあり、本人も完全制覇を意識していた。しかし実際には強力なライバルもおり、容易ではなかったのである。

まず最初の種目は500mだが、この種目が一番不安視されていた。同走のソ連のエフゲニー・クリコフは当時の世界記録保持者、しかもハイデンは不利なアウトスタート(当時の500mは現在のようにイン・アウトを交互に滑るルールではなく、完全な一発勝負となっていた)だったのである。

さらに悪いことに、ハイデンは最初のスタートでフライングを犯してしまい、やり直しとなったスタートでクリコフの先行を許してしまう。クリコフのリードでレースは進み、ハイデンの夢は早くも打ち砕かれてしまうのかと思われた時、クリコフがカーブで大きくバランスを崩し、そのお陰でハイデンは逆転し金メダルを獲得することが出来た。クリコフは猛烈な追い上げで銀メダルとなったが、ミスがなければまずハイデンを破っていたと思われる。このように、完全制覇のスタートは運も味方にしてのものであった。

続く5000mは彼自身「体力的にもっともきつい」と言っていたレースである。結果は僅差の争いを一秒差で制することとなり、「ラッキーだった」と述べた。インターバルを置いた1000mは五種目中唯一、なんの問題もなく制覇し三冠を達成した。しかし続く1500mでは、快調に滑り余裕をもって優勝かと思われた矢先の600m付近で大きくバランスを崩し、転倒しかけるという場面が見られた。だが強靭な太ももとボディバランスで持ち直し、4つ目の金メダルを獲得。安堵感からかインタビューでは感想を求められての第一声で「ワーオ!」とおどけて見せている。

そしてついにインターバルを置いて最終種目10000mに臨むことになるが、ここに一番の難関が待ち構えていたのである。前日に、ハイデンはアイスホッケーのアメリカ対ソ連の試合を観戦していた。学生中心で臨んだアメリカが、最強と言われていたソ連チームを破った試合に熱狂し、興奮のあまり夜なかなか眠ることが出来なかったという(ディスコでフィーバーしていたというの噂はデマであると本人が証言)。おかげでハイデンは翌日スケート会場に遅れて到着し、コーチや関係者をやきもきさせた。

そんな中臨んだ最終種目10000mでは、またしても当時の世界記録保持者と同じ組で滑ることになる。その相手、ソ連のビクター・ラスキンは個人の記録以上に、スケート大国の威信に懸けてハイデンの全種目制覇を阻まんと燃えていた。スタート直後から一気に飛ばし、ハイデンのペースを狂わせる作戦に出たラスキンにハイデンは大きく取り残され、精神的にかなりのプレッシャーを課されることとなった。それでもコーチは構わずペースを守り続けるよう冷静に指示を与える。結局5000m付近でラスキンは失速し、今度は逆にハイデンの独走となる。

しかし最終種目だけにこれまでの疲労の蓄積は並大抵ではなくしかも寝不足でもあり、プレッシャーをかけられ続けていたハイデンの方としても、周回を重ねるごとに体力は限界に近づき、もはや腰を曲げている状態だけでも耐えられなくなってきたという。最後は正に残りの気力を振り絞ってのフィニッシュとなった。その結果は、世界記録を大幅に更新しての金メダル獲得。空前絶後の完全制覇を達成し、当時ソ連と冷戦状態にあったアメリカの新聞社も「記録に残る勝利」としてハイデンの栄誉をたたえたのである。

栄冠に輝いたその後[編集]

正に全米の英雄となったハイデンであるが、五輪後にあっさりとスケート競技から引退し、大学の医学部に戻ることを表明。また、殺到したコマーシャル出演の話を全て断り、「自分の金メダルを金儲けには利用したくない」と述べた。

ところが翌1981年、妹のベスが、1980年世界選手権・個人ロードレースで優勝を果たした影響を受け、セブンイレブンと契約を結んで、自転車競技のプロロードレース選手に転身。1985年、全米プロ自転車選手権ロードレース(現 フィラデルフィア・インターナショナル・チャンピオンシップ)の初代優勝者となった。

1986年、セブンイレブンチームとしても初参加となったツール・ド・フランスに、同チームの一員として参加。しかし、第18ステージで途中棄権した。なお、自転車競技選手としては1990年まで現役を続けた。

エピソード[編集]

  • インタビューで、金メダルをどうしているかと聞かれた時には「ベッドの下に突っ込んでいるよ」「結果は確かに良かったけど、そこに至る過程、いかに努力したかそしてベストを尽くしたことがもっと重要なんだよ」と述べた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

トリノオリンピックでのハイデン