エリック・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・カール(Eric Carle、1929年6月25日-)はアメリカ絵本作家ニスを下塗りした薄紙にで色をつけた色紙を切抜き、貼りつけていくコラージュの手法が特徴。鮮やかな色彩感覚によって「絵本の魔術師」といわれる。カールが発表した絵本は40作以上にのぼり、39カ国語に翻訳され、出版部数は2500万部を超えている。

略歴[編集]

代表的な絵本[編集]

エリック・カールの絵本は、上記を含めて日本では偕成社から出版されている。

  • 『巨人に気をつけろ!』(1978年)
  • 『パパ、お月さまとって!』(1986年)

童心社からは、いわむらかずおコラボレートしたバイリンガル絵本『どこへいくの?ともだちにあいに!』ISBN 978-4494005000 がある。

虫にちなんだ四部作[編集]

  • はらぺこあおむし』(1969年、1985年改訂)
  • 『くもさん おへんじ どうしたの』(1985年)
  • 『だんまり こおろぎ』(1990年)
  • 『さびしがりやの ほたる』(1995年)

外部リンク[編集]