エリック・ウルフ (人類学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・ロバート・ウルフ(Eric Robert Wolf、1923年2月1日-1999年3月6日)は、アメリカの人類学者ラテンアメリカ諸国を中心とした農民研究を専門とする。

ウィーンのユダヤ系家庭に生まれる。迫害を逃れ、イギリスを経てアメリカに移住し、主にニューヨークで幼少期を過ごす。第二次大戦中はイタリア戦線に従軍した。戦後、コロンビア大学大学院でJ・H・スチュワードの教えを受け、ラテンアメリカを中心にフィールドワークを行った。ミシガン大学で教鞭をとった後、1971年からニューヨーク市立大学大学院センター教授となる。

著書[編集]

  • Pathways of power: building an anthropology of the modern world, University of California Press, 2001.
  • Envisioning power: ideologies of dominance and crisis, University of California Press, 1999.
  • Europe and the people without history, University of California Press, 1982.
  • Peasant wars of the twentieth century, Harper & Row, 1969.
  • Peasants, Prentice-Hall, 1966.
  • Anthropology, Prentice-Hall, 1964.
  • Sons of the shaking earth, University of Chicago Press, 1959.

共著・編著[編集]

  • Religious regimes and state-formation: perspectives from European ethnology, edited by Eric R. Wolf, State University of New York Press, 1991.
  • Religion, power, and protest in local communities: the northern shore of the Mediterranean, edited by Eric R. Wolf, Mouton, 1984.
  • The Valley of Mexico: studies in pre-Hispanic ecology and society, edited by Eric R. Wolf, University of New Mexico Press, 1976.
  • The hidden frontier: ecology and ethnicity in an Alpine valley, John W. Cole and Eric R. Wolf, Academic Press, 1974.
  • The human condition in Latin America, Eric R. Wolf and Edward C. Hansen, Oxford University Press, 1972.