エリス・ストレームグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリス・ストレームグレン(Svante Elis Strömgren、1870年5月31日 - 1947年4月5日)は、スウェーデン出身のデンマーク天文学者である。

1870年にヘルシンボリで生まれた。1898年にルンド大学博士号を取り、同年に同大学で講師となった。1901年からはキール大学に勤め、1901年から1904年までアストロノミシェ・ナハリヒテンの出版の手伝いをした[1]。1907年にコペンハーゲン大学の天文学教授及びコペンハーゲン天文台長となった。1947年にコペンハーゲンで死去した。

ストレームグレンは様々な分野で研究を行ったが、特に理論天文学天体力学に興味を持って研究を行い、彗星の起源と軌道についての論文を発表した。また、1928年以降は、イェンス・オルセン天文時計についての計算も行った。

妻で歯科医、作家のHedvig Lidforss(1877年 - 1967年)は、文献学者Edvard Lidforssの娘、植物学者Bengt Lidforssの妹である。息子は天文学者のベンクト・ストレームグレンで、1940年に父親の後を継いでコペンハーゲン大学の教授となった。

出典[編集]

  1. ^ Image Archive - Svante Elis Strömgren - Astrophysical Institute Potsdam.

外部リンク[編集]