イライザ・マニンガム=ブラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
マニンガム・ブラー女男爵
イライザ・マニンガム=ブラー
Eliza Manningham-Buller
Baroness Manningham-Buller
生年月日 1948年7月14日(66歳)
出身校 オックスフォード大学レディ・マーガレット・ホール英語版
所属政党 中立派英語版
称号 マニンガム・ブラー女男爵、ガーター勲章勲章士(LG)、バス勲章デイム・コマンダー(DCB)
親族 第3代準男爵サー・マーヴィン英語版(祖父)
初代ディルホーン子爵レジナルド英語版(父)

任期 2002年10月 - 2007年4月

イギリスの旗 貴族院議員
任期 2008年6月 - 現職
テンプレートを表示

マニンガム=ブラー女男爵、エリザベス・リディア・「イライザ」・マニンガム=ブラー: Elizabeth Lydia "Eliza" Manningham-Buller, Baroness Manningham-Buller, LG, DCB1948年7月14日 - )は、イギリスの官僚、政治家。

2002年から2007年にかけてMI5長官を務めた。2008年一代貴族「マニンガム・ブラー女男爵」に叙され、現在は貴族院議員を務めている。

経歴[編集]

1948年7月14日マニンガム=ブラー準男爵家英語版の嫡男で保守党の政治家であるレジナルド・マニンガム=ブラー英語版(後の初代ディルホーン子爵英語版)とその妻メアリー・リリアン(第27代クロウフォード伯爵英語版デイヴィッド・リンジー英語版の娘)の間の次女として生まれる[1]

父レジナルドは1956年に祖父マーヴィン英語版から第4代準男爵位を継承し、政界では保守党の庶民院議員として活躍し、1962年大法官に就任した際に初代ディルホーン男爵に叙せられて連合王国貴族となり、さらに1964年には初代ディルホーン子爵に叙せられた人物である[1]

ベネンデン・スクール英語版を経て、オックスフォード大学レディ・マーガレット・ホール英語版で学ぶ。1974年にMI5に入省する前、3年間、ロンドンのクイーンズ・ゲイト・スクール(Queen's Gate school)で教師として働いていた[2]。当初、対ソ防諜を専門とし、ゴルジエフスキー事件にも関係した。後に対テロ部門に異動。ロッカビー事件時、対テロ局長であり、後に連絡幹部としてワシントンに駐在した[2]

1992年、アイルランド人テロ対策の機能がMI5主管となった。1997年、MI5副長官(外部監視・盗聴担当)に任命された[2]

2002年10月から2007年4月までMI5の長官(Director General)を務めた[2]。2005年の女王誕生日の記念にバス勲章デイム・コマンダー(DCB)に叙せられた[2]

MI5長官退任後の2008年6月に一代貴族ノーサンプトンシャー・カウンティにおけるノーサンプトンのマニンガム・ブラー女男爵」(Baroness Manningham-Buller, of Northampton in the County of Northamptonshire)に叙され、貴族院議員に列した[3][4]。貴族院内では中立派英語版の議員である[4]

2014年4月23日、女王エリザベス2世よりガーター勲章勲章士(LG)に叙せられた[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Lundy, Darryl. “Reginald Edward Manningham-Buller, 1st Viscount Dilhorne” (英語). thepeerage.com. 2014年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Baroness Manningham-Buller”. MI5. 2014年10月10日閲覧。
  3. ^ a b London Gazette: no. 58719, p. 8441, 2008年6月5日. 2014年10月10日閲覧。
  4. ^ a b Baroness Manningham-Buller”. www.parliament.uk. 2014年10月10日閲覧。
  5. ^ a b London Gazette: no. 60848, p. 8182, 2014年10月10日
官職
先代:
サー・スティーブン・ランダー英語版
MI5長官英語版
2002年 - 2007年
次代:
ジョナサン・エヴァンズ英語版