エリザベス・ヴァイニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皇太子明仁親王とエリザベス・ヴァイニング夫人(昭和24年)

エリザベス・ジャネット・グレイ・ヴァイニング(Elizabeth Janet Gray Vining、1902年10月6日 - 1999年11月27日)は、アメリカ合衆国司書作家日本ではヴァイニング夫人の名で知られている。戦後しばらくの時期、当時皇太子であった少年時代の明仁親王(今上天皇)の家庭教師をしたことで広く知られる。

生涯[編集]

米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。

ジャーマンタウンフレンズ学校と後のブリンマーカレッジ(1923年のクラス)の卒業生となる。1925年ドレクセル大学図書館学の学位を取得し、1926年には、ノースカロライナ大学チャペルヒル校司書となった。

1929年にモーガン・フィッシャー・ヴァイニング(同じ大学のアソシエイト・ディレクター)と結婚するが、結婚前の名前で著作活動を続けた。1933年ニューヨークで自動車事故に巻き込まれ、夫は死亡し、自身も重傷を負った。療養中の1934年クエーカー教の正式会員となる。

終戦後の1945年には著作活動を停止しアメリカ・フレンズ奉仕団広報部に勤務、1946年GHQによって皇太子明仁親王の家庭教師に選ばれ来日、少年時代の皇太子と義宮(現・常陸宮正仁親王)らに英語教育などを施すなどした。また、学習院大学津田塾大学においても講義などを行なった。

1950年に勲三等宝冠章を受章した直後に帰国し、その後は皇室と自らの関わりを本にしたものを出版するなどした。児童文学の分野では『旅の子アダム』("Adam of the Road")で1943年度ニューベリー賞を受賞。

1969年6月19日、クェーカー行動委員会のベトナム反戦デモに参加し、ワシントン国会議事堂前で逮捕されている。

著作[編集]

  • Meredith's Ann - An Out-of-Doors Story for Girls (1927)
  • Tangle Garden (1928)
  • Tilly-Tod (1929)
  • Meggy MacIntosh (1932)『メギー新しい国へ - メギー・マッキントッシュ』ニューベリー賞オナーブック
  • Jane Hope (1933)
  • Young Walter Scott (1935)
  • Beppy Marlowe of Charles Town (1936)
  • Penn (1938)『ウィリアム・ペン - 民主主義の先駆者』ニューベリー賞オナーブック
  • Contributions of the Quakers (1939)
  • The Fair Adventure" (1940)
  • Anthology with Comments (1942)
  • Adam of the Road (1942)『旅の子アダム』ニューベリー賞メダル
  • Sandy (1945)
  • Windows for the Crown Prince (1952)『皇太子の窓』
  • The World in Tune (1954)
  • The Virginia Exiles (1955)
  • Friend of Life - A Biography of Rufus M. Jones (1958)
  • The Cheerful Heart (1959)『トミ』
  • Return to Japan (1960)
  • I Will Adventure (1962)
  • Take Heed of Loving Me (1963)
  • Flora: A Biography (1966)
  • I, Roberta (1967)
  • William Penn: mystic, as reflected in his writings (1969)
  • Quiet Pilgrimage (1970) 『天皇とわたし』(抄訳)
  • The Taken Girl" (1972)
  • The May Massee collection; creative publishing for children" (1972)
  • Mr. Whittier" (1974)
  • Being Seventy - The Measure of a Year (1978)
  • Harnessing Pegasus: Inspiration and Meditation (1978)
  • A Quest There Is" (1982)

エピソード[編集]

アーサー・ウェイリー訳の『源氏物語』を13度読んだと、川端康成の『新春随想』(1960年)に記されている。