エリザベス・ポストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・ポストン
Elizabeth Poston
基本情報
出生 1905年10月24日
出身地 イングランドの旗 イングランド
死没 1987年3月18日(満81歳没)
職業 作曲家、ピアニスト、著作家

エリザベス・ポストンElizabeth Poston, 1905年10月24日 - 1987年3月18日)は、イギリス作曲家ピアニスト、著作家。

生涯[編集]

ポストンはロンドン王立音楽アカデミーで学んだ。そこでピーター・ウォーロックレイフ・ヴォーン・ウィリアムズに励まされた。ヴァイオリン・ソナタで王立音楽アカデミーから賞を貰い、その曲はBBCでも放送された。王立音楽アカデミーを卒業した1925年に7つの歌曲が、1928年にはさらに5曲が出版された。1930年から1939年にかけて海外に渡り、建築を学びながら、民謡を収集した。第二次世界大戦が始まるとイギリスに帰国し、BBCに参加、BBCヨーロッパ・サービスの音楽監督になった。1945年にBBCを離れるが、1947年にBBCサード・プログラム(BBC Third Programme)設立の助言者として復帰した。1955年から1961年まで女性音楽家協会(Society of Women Musicians)会長を勤めた[1]

ポストンは、ラジオだけで40番組以上、さらにテレビのために作曲した。C・S・ルイスディラン・トーマスといった作家たちとの共作もある。テレビ『ハワーズ・エンド』(1970年)のスコアは、小説の舞台であるロックス・ネスト・ハウス[2]に住んで作曲した[3]

作曲以外では、ポストンは学者でもあり、Arts Council of Great Britainのために論文やプログラム・ノートを書き、多くの民謡、キャロル賛美歌集を編集した。1947年にはBBCのためにピーター・ウォーロックの全5部からなる講義シリーズを製作した。ポストンは優れた演奏者でもあり、ウォルター・リーの『ピアノと弦楽のための協奏曲』のナショナル・ギャラリー・コンサーツでの初演でピアノを演奏した[4]

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hurd/Bartlett
  2. ^ View picture Rooks Nest House at The Friends of the Forster Country
  3. ^ Hurd/Bartlett
  4. ^ Hurd/Bartlett

参考文献[編集]

  • Michael Hurd, Jamie Bartlett. "Elizabeth Poston", Grove Music Online, ed. L. Macy, grovemusic.com (subscription access).