エリザベス・ブラウニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・ブラウニング

エリザベス・バレット・ブラウニング(Elizabeth Barrett Browning、1806年3月6日 - 1861年6月29日)はイングランドの詩人。詩人ロバート・ブラウニングの妻で、第14代桂冠詩人の候補者であった。ダラム州出身。

快適で裕福な少女時代を送り、ギリシャ語ラテン語を独学で学んだ。14歳の時に『マラトンの戦い』を私費出版。

1845年1月10日、エリザベスの詩に感動したロバートが手紙を送り、それがきっかけで結婚までの約2年間で574通のラブレターを送り合った。1846年の9月に結婚し、イタリアへ駆け落ちをする。

代表作は1850年、ロバートとの恋愛がベースになった44のソネットからなる詩集『ポルトガル語からのソネット』、1857年の『オーローラ・リー』がある。

1861年6月29日イタリアのフィレンツェでロバートの腕の中で55年の生涯の幕を閉じる。

現在、フィレンツェのプロテスタントの墓で眠る。