エリク・アクセル・カールフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1931年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

エリク・アクセル・カールフェルト(Erik Axel Karlfeldt、1864年7月20日-1931年4月8日)はスウェーデン詩人。死後の1931年にノーベル文学賞を受賞している。[1]

生涯[編集]

カールフェルトはダーラナ地方の農家の家庭に生まれた。彼は子供のころはエリク・アクセル・エリクソン(Erik Axel Eriksson)という名前だったが、罪を犯し有罪判決を受けた父から距離を置くため、1889年に改名を行った。彼はストックホルム郊外の学校などで教える傍ら、ウプサラ大学で教育を受けた。大学を卒業後5年間、スウェーデン王立図書館で働いた。

1904年、彼はスウェーデン・アカデミーのメンバーに選ばれ、11代目の議長となった。1905年にはアカデミーのノーベル協会の、1907年にはノーベル委員会のメンバーとなった。1912年にアカデミーの永久会員になり、死ぬまでその職を務めた。

母校のウプサラ大学は、1917年に彼に名誉博士号を贈っている。

邦訳[編集]

  • カールフェルト詩抄(田中三千夫,尾崎義訳) ノーベル賞文学全集 主婦の友社、1971

脚注[編集]

  1. ^ 「1919年に同賞に選ばれながらスウェーデン・アカデミーの会員であったため受賞を辞退した」、との噂がセルマ・ラーゲルレーヴの書簡で伝えられている。